PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2017.08.04 Friday

GT750納車(5)

 

「大内宿」は、

以前から

一度訪れてみたいと思っていた場所です。

 

 

電柱は無く、

地中埋設されているようです。

 

 

軒先で

土産物を売っているところが

数か所ありました。

 

 

人が多く、

やはり関東で人気のある観光地だと感じました。

 

 

古民家の前に

水が流れていました。

 

 

時々、「打ち水」を行っていました。

 

 

 

「大内宿」は、

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 

 

鯉のぼりが泳いでいました。

 

 

売っている土産物は、

どれも素朴なものです。

 

 

 

 

流水で

ジュースを冷やしていました。

 

 

古い伝統的な建物が

これほどまとまって建っている地区は、

希少だと思います。

 

 

規模の大きな飲食店がありました。

 

 

「大内宿」は

会津若松から日光を結ぶ会津西海道沿いにあり、

建物は江戸時代後期から明治初期に建てられたものだそうです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2017.08.03 Thursday

GT750納車(4)

 

遠野を出発し、

東北道を仙台方面へ向かいました。

 

 

 

仙台の手前にある「長者原SA」で

休憩をしました。

 

 

 

サービスエリアの奥に展望台があります。

 

 

ラムサール条約に指定されている

「化女沼湿地」を見ることができました。

 

 

仙台に宿泊し

翌日、最初に休憩をした「安達太良SA」です。

 

 

ウルトラマンマニアで有名になっている

ウルトラセブンの自販機です。

 

 

ウルトラマンの生みの親「円谷英二」さんは,

この近くの出身ということです。

 

 

磐越道にはいり、

この日、2度目の休憩をした「磐梯山SA」です。

 

 

しっかり雪が残っていました。

 

 

 

「磐梯山SA」には、

磐梯山を眺めることができる撮影スポットがあります。

 

 

この後、関東で有名な「大内宿」へ行きました。

 

 

ずいぶん山の奥にある施設なのですが、

駐車場はクルマでいっぱいでした。

 

 

駐車場にクルマをとめてから

少し歩かなければなりません。

 

 

「大内宿」の

古い建物が見えてきました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2017.08.02 Wednesday

GT750納車(3)

 

その後、遠野の伝承園へ向かいました。

 

この場所も、

昨年に続いて2度目の訪問になります。

 

 

 

昔の建物が移築されています。

 

 

 

国の重要文化財に指定されている建物です。

 

 

 

建物を平面で見ると

L字型になっています。

 

 

屋内は、

当時の生活道具が置かれていました。

 

 

 

奥に「おしら堂」という施設があり、

布に願い事を書くとかなうと言われています。

 

 

かつて、この地方の農家は

養蚕を行っていました。

 

 

かなり広い空間が確保されている土間です。

 

 

冬の寒さから守るため、

屋内に設けられた「うまや」です。

 

 

柳田國男に「東野物語」を伝えた

佐々木喜善の記念館が併設されています。

 

 

「遠野物語」が出来た

いきさつを紹介しています。

 

 

遠野の最後は、

道の駅「遠野風の丘」へ寄りました。

 

 

建物が数棟あり、

規模の大きな道の駅です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2017.07.31 Monday

GT750納車(2)

 

東北旅行2日目は

遠野に泊まりました。

 

 

昨年の冬に訪れたことがあるので、

私にとって2度目の遠野になります。

 

 

最初は「とおの物語の館」から見学しました。

 

 

有名な日本の昔話から始まり、

世界中のおとぎ話を紹介しています。

 

 

柳田國男が書いた有名な「遠野物語」が、

どのような過程で誕生したかを紹介しています。

 

 

柳田國男が常宿していた「高善旅館」です。

 

 

 

幼い時から読書好きだったそうです。

 

 

移築された建物は、

当時の生活を再現しています。

 

 

神棚がありました。

 

 

当時の客室です。

 

 

今でいう

ホテルのフロントにあたる場所です。

 

 

 

 

旅館の隣に

柳田國男の隠居所が移築されています。

 

 

 

昭和31年に建てられ、

昭和37年まで住んでいたそうです。

 

東京世田谷区の成城にあったものを、

この場所へ平成5年に移築しています。

 

 

休憩するベンチに猫がいました。

 

段ボールの小屋があるので、

どうも

この場所で生活しているようです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.07.30 Sunday

GT750納車(1)

 

4月中旬のことですが、

3台あるGT750のうち

一番希少な昭和46年式、フレーム番号100番台の

バイクを気仙沼のIさんに

譲りました。

 

 

走行距離は、約4万キロです。

 

私が所有してから8千キロほど走りました。

 

譲りたくない気持ちもありましたが、

Iさんが所有していたGT750が

6年前の東北震災で

流されてしまったこともあり、

大切に乗ってもらえるのならばという

気持ちが強くなり、

譲る決断をしました。

 

 

気仙沼まで

妻と二人で納車に向かいました

 

 

オフシーズンの4月中旬ということもあり、

仙台に向かうフェリーのバイクは

私だけでした。

 

 

フェリーの中に

変わったクルマがありました。

 

塗装が剥がされている

クラシックカー風のクルマのようです。

 

 

 

仙台に入港する前に

太平洋フェリーの姉妹船、「きそ」とすれ違いました。

 

 

 

「きそ」は、あっという間に

見えなくなりました。

 

 

仙台で一泊し、

翌日、気仙沼へ向かいました。

 

途中で休憩した道の駅「上品の郷」です。

国道45号線沿いにある道の駅です。

 

 

復興後に新築した、

「喫茶マンボ」です。

 

 

気仙沼のIさんは、

この店のマスターなのです

 

 

気仙沼で有名な

「マンボラーメン」を食べました。

 

名古屋では少ない、

あっさり系のラーメンです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 


2017.06.15 Thursday

田舎道

 

バイクで走る道は、

クルマで走る場合とフィーリングが異なります。

 

景色のよい場所なら、

どこを走ってもよいといった感覚です。

 

走ること自体が楽しくなります。

 

 

GT750を見ると

隙間だらけです。

 

フレーム構造はCB750によく似ています。

 

 

初期モデルのみに使われた部品がたくさんあり、

その分、初期モデルの中古部品は

ネットオークションで高騰しています。

 

 

両面ドラムブレーキは、

初期モデルのみに採用されています。

 

このドラムは構造が複雑なので、

磨くのに手間がかかります。

 

 

奥三河にある

なんでもない田園風景です。

 

 

時速50キロ前後で

流すときの排気音は

GT750独特のもので、

この音を聞いているとしびれます。

 

 

奥三河には

人が住んでいない

古民家がたくさんあります。

 

 

こちらの家も

人が住んでいないようです。

 

ナビを取り付けてから

行動半径が広くなりました。

 

新たな道の発見があり、

とても新鮮な気分にさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 


2017.06.12 Monday

今シーズン GT750・5型

 

今シーズン、GT750・5型も

同じコースを走っています。

 

 

古い昔のバイクは、

田舎の道を走るのに

似合っているように思います。

 

 

豊田市郊外にある

神社です。

 

私が気に入っている場所の一つです。

 

 

またまた「矢作ダム」へやってきました。

 

 

5型も初期モデル同様、

エンジンの輝きを支持するために、

アルミ部分を月に1回は

磨く必要があります。

 

 

雨が降りそうな日は、

なるべく5型で出かけるようにしています。

 

5型はフロントがダブルディスクなので、

雨天時の信頼性があります。

 

 

 

 

 

 


2017.06.10 Saturday

今シーズン  GT750初期モデル

 

今年4月に継続車検を受けた

GT750初期モデルです。

 

 

ずいぶん前から

バイクのエンジンはアルミになっていました。

 

当時の純正は

磨いた上にクリアー塗装だったそうですが、

私のGT750は地肌のままです。

 

 

最低でも

月に一回は磨かないと

曇ってしまうようです。

 

 

8年ほど前に

ヤフーで手に入れた新品スピードメーターは、

時速80キロ以上の赤い部分が

色褪せてきました。

 

 

今シーズンも

相変わらず同じコースを走っています。

 

 

時々、田舎を感じさせてくれる

場所に出くわします。

 

思わずバイクをとめて

写真を撮っています。

 

 

 

清流の音が好きなので、

そのような場所を見つけると

バイクをとめて音を聞きます。

 

 

岩村の国道418号線にある「福寿の清水」です。

 

 

 

この日は

道の駅「信州平谷」まで走りました。

 

乗り続けるたびに

調子が良くなっている「GT750初期モデル」です。

 

いつも整備してくれる

「スーパーレレレ」さんには、

たいへん感謝しています。

 

 

 


2016.11.18 Friday

紅葉見物

 

先日、紅葉を見に行きました。

 

 

午前中の天気が悪く、

昼過ぎからの出発でした。

 

 

向かったのは、

いつも走っている奥矢作です。

 

 

初期ブラックに乗って行きました。

 

 

久々に乗った初期ブラックですが、

とても好調でした。

 

私のバイクをメンテナンスしてくれる

スーパレレレさんのお蔭だと感じ、

いつも感謝しています。

 

 

山に行くと気温が下がります。

 

 

奥矢作湖の周遊コースを走りました。

 

 

渇水している

というまでではありませんが、

ダムの水位は低めでした。

 

これから寒くなるので、

寒さに負けてしまう気がします。

 

たぶんバイクに乗る機会が少なくなりそうです。

 

100%自己満足ですが、

GT750の排気音は

いつ聞いてもしびれます。

 

 

 

 


2016.10.23 Sunday

2016年GTクラブ東海ツーリング(4)

 

2日目の目的地、

「モーターカフェ・ドリーム」さんへ到着しました。

 

 

相変わらず古いバイクがたくさんありました。

 

 

訪れるたびに

バイクの数は増えています。

 

 

 

地元で前日に開催された旧車イベントに

「マッハ」を3台出品されたそうです。

 

 

以前から持っておられるGT750初期モデルです。

 

 

GT750は、

新たに3型と思われるものが入庫していました。

 

連結マフラーになっていますが、

ヘッドは一枚になっており、

国内物の3型ならば2枚ヘッドです。

 

リキッドクールドのエンブレム跡があるので、

おそらくエンジンは4型、5型のものだと思われます。

 

 

車体番号から推察すると3型になりますが、

バイクに車検証がないとのことなので

何とも言えません。

 

 

帰りは国道151号線を走り、

売木から茶臼山を走りました。

 

天気が良く、

とても楽しいツーリングになりました。

 

単独ツーリングとは違う

格別な楽しさがありました。

 

来年は、

さらに良いコースを組み立て、

皆さんに参加してもらいたいと

願っています。

 

 

 

 

 

 


<< | 2/32PAGES | >>