PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2015.12.25 Friday

東京モーターショー2015(9)



「新型NSX」の量産モデルです。



鮮やかなレッドで塗られていました。



旧モデルの生産打ち切りから10年ぶりの復活です。



2年前に見たプロトタイプより
ラインがシャープになっていると思いました。



プロトタイプの発表から時間がたっているので、
新鮮味がやや薄れたような気がします。





1958年の登場した「スーパーカブ」を
現代風に進化させたコンセプトモデルです。




カブのコンセプトモデルは2台あり、
こちらは動力源がバッテリーの「EV-カブコンセプト」です。



ミニバイクのコンセプトモデル
「CONSEPT−TWO」です。



根強い人気の「モンキィ」です。



最近、ミニバイクは人気があるので、
いろいろなコンセプトバイクが展示してありました。



「GROM」をカスタマイズしたコンセプトモデルです。

今日も読んで頂き、ありがとうございました。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。








 

2015.12.24 Thursday

東京モーターショー2015(8)



限定販売される「シビックタイプR」です。



存在感のあるデザインだと思います。



大型リヤスポイラー、4本出しマフラーが印象的です。



搭載されるエンジンの展示です。
ニュルブクリンク北コースで
FF車最高タイムを出したようです。





未来的なデザインのコンセプトモデルです。

ホンダのバイクは
デザインと仕上がりの良さを感じます。





「CBR400R」です。
 
 最近感じることですが、
どのメーカーもロードバイクは
デザインが似てきました。

空力を考慮すると
仕方がないことかもしれません。



公道も走れる「RC213V−S」です。



MotoGPで走っているレーサーです。



今シーズンは、成績が良くなかった
F1マシンです。



燃料電池車「クラリティ」の一般市販モデルです。



少し前に限定でリースされた「クラリティ」とは
パワートレーンのレイアウトが異なっています。



発売は2016年度ですが、
最近、ホンダから
一部の法人に限定したリース販売になるとの
発表がありました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。





 

2015.12.23 Wednesday

東京モーターショー2015(7)



バイクは個人的に「スズキ」が好きなのですが、
カワサキは根強いファンがいるメーカーです。



「ZX10R」です。
大変美しいデザインのバイクだと思います。



昔のバイク「Z1」です。
「カワサキワールド」に展示してあったものを
もってきていると思われます。



「NinjaH2R」です。



スーパーチャージャーを装備した
クローズドコース専用モデルなので、
一般公道で走る事が出来ません。



「ヘッドランプメーカー」の小糸製作所に
昔のヘッドランプが展示してありました。



丸形から異形ヘッドランプに変わった時代です。



この後、ディスチャージヘッドランプのクルマが発売されました。



「レクサスLS600h」の発売時に採用された
第一世代LEDヘッドランプです。



「新型プリウス」のヘッドランプです。



モーターショー会場が
幕張から東京ビッグサイトに移動してから、
ホンダとスズキは
クルマとバイクが同じブースに展示するようになりました。



オフロードバイク「アフリカツイン」です。



アフリカ大陸の
赤い砂が敷き詰められていました。



ホンダのバイクは人気があります。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。





 

2015.12.19 Saturday

東京モーターショー2015(6)



スズキの「イグニス」は
都会的なクルマだと感じました。

発売されたときには、試乗したいと思っています。



ロードサイクルのような原付クロスバイクです。
「フィールフリーゴー」をいう名が付けられていました。

自転車のようなバイクですが、
保安部品は装着されています。



遊べるスクーターのコンセプトバイクです。
「ハスラースクート」という名前になっていました。

中央部分が手提げトランクになっており、
取り外して持ち歩く事が出来ます。



開発中の「GSXコンセプト」です。



発泡スチロールのような材質で造られており、
イメージのみの展示でした。



名古屋に本社がある輸入車代理店「ホワイトハウス」が
売り出そうと計画している
アメリカ製4輪バギーです。



こちらはオンロードの3輪タイプです。
アメリカの「ポラリス」というメーカーのクルマです。



近くにジャトコのブースがありました。



日本で発売されていない、
FFワンモーターハイブリッドミッションです。
3・5リッター用との説明です。




 
フーガ、スカイラインに搭載されている、
FR用ハイブリッドミッションです。

普段見る事が出来ない
内部構造を見る事が出来ました。





オートバイを無人で走らせる人型ロボットです。
一流のライダーテクニックを持たせ、
車両の開発に役立だせようとするものです。



レトロと高級感を融合したコンセプトバイクです。
「Resonator125」という名が付けられていました。


  
2シーターのコンセプトカーです。






ヤマハは昔から4輪を生産する技術があり、
いつ発売するのかといわれていますが、
いまだに発売されていません。

基礎研究は行っているようです。



海外で生産されている「4輪バギー」です。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。







 

2015.12.18 Friday

東京モーターショー2015(5)



BMWのアルピナです。



イタリアにある元ピニンファリーナのチーフデザイナーだった
奥山清行さんがデザインしたクルマです。



公道走行できるフォーミュラータイプのクルマです。



偶然、ブースに本人がおられました。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%B8%85%E8%A1%8C



ファッションセンスも抜群です。



奥山さんの過去の先品には「エンツォフェラーリ」などがあり、
最近はヤンマーのトラクターデザインも
手がけておられます。



体全体から「オーラ」が出ていると思いました。



この後、スズキブースへ行きました。



先日、スズキから
このクルマをインドで生産し
日本へ輸出するという発表がありました。



欧州車に似たデザインだと思いました。



ボディは、スイフトよりやや大きくなっています。



燃料電池を使ったコンセプトスクーターです。



ドアを観音開きにしたコンセプトカー、
「エアトライサー」です。



これからの小型ミニバンの方向性を示した
コンセプトカーです。



シルバーとワインレッドのツートンカラーがきれいでした。



前後、同じようなデザインになっています。



コンセプトカー「イグニス」のオフロードタイプです。



インパクトのあるデザインだと感じました。



サイドは、軽自動車「アルト」に似ています。



リヤデザインもインパクトが強く感じました。



まだ、このクルマの発売時期は発表されていないようです。





色違いの「イグニス」です。



新型「エスクード」も展示してありました。

スズキは、軽自動車より
小型車に力を入れていると思いました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。










 

2015.12.11 Friday

東京モーターショー2015(4)



タイヤメーカーのブリジストンブースです。
自動車メーカーに挟まれたところに、
部品、用品メーカーのブースがあります。



ジャガー初のSUVです。
「F-PACE」という名がつけられています。



世界的にSUVの人気があるので、
ジャガーも参入するようです。



ミツビシのブースには、
アウトランダーPHEVのラリーカーが展示してありました。



実際に参戦したようです。



ミツビシブースのメインに相当するクルマです。



開発中の次世代EVとのことで、
コンパクトSUVを想定しています。



ミツビシの新しい顔といわれる
「ダイナミックシールド」になっているデザインです。



デザイン的にみると、
RVRの後継になるクルマだと思われます。



ブースには
45度の傾斜角を付けた坂が造ってあり、
アウトランダーが展示してありました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。




 

2015.12.10 Thursday

東京モーターショー2015(3)



メーカーのブースはグループごとに隣接しており、
トヨタの隣からダイハツ、スバル、レクサス、
BMWとなっていました。



トヨタの「KIKAI」です。
メカニズムを剥き出しにしたコンセプトカーです。



メカニカルな部分と、レトロを感じる雰囲気の、
両方の要素を備えている気がします。



燃料電池車のコンセプトカー「FCVーPLUS」です。



メカニズムの説明はありましたが、
中身はないようで、はりぼてだと思われます。



コンパクトSUVコンセプトの「C-HR」です。
このクルマは海外で生産モデルがテストされており、
発売時は4ドアになり、トヨタ全チャンネル扱いになると
発表されています。

プリウスのSUVといった位置づけになるものと思われます。



モデルは外人です。



市販モデルはG'Sシリーズが展示されていました。



「ヴィッツ」のラリーカーです。



話題になったライトウエイトスポーツ「S-FR」です。
FRレイアウトにすることで、
運転の楽しさを訴求しています。



今回のモーターショーで、
評判の高かったコンセプトカーです。
昔の「ヨタ8」に似ているという声があるクルマです。



話題の「新型プリウス」は4台ほど展示されていました。



汚れた姿で展示されている「「ランクル70」です。


 
ブリジストンのブースに
「ソーラーカー」が展示してありました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。







 

2015.12.09 Wednesday

東京モーターショー2015(2)



 レクサスブースには、
発売されたばかりの「新型RX」が展示してありました。

当社も来年早々に入庫します。



車体は、旧モデルより大きくなっています。



フロントは「NX」に似た感じでしたが、
リアデザインは旧モデルに似ていると思いました。



スバルブースに展示してあった
「SUBARU VIZIV CONCEPT」です。
説明では、ダウンサイジングターボに
ハイブリッドシステムを搭載しているとのことです。

スバルブースで見たクルマはこのクルマのみです。



その後、ダイハツブースへ行ってみました。

遊園地を思い起こす、
本物の木を使ったオブジェのようなものがありました。



上に上がると机といすがあり、
来場者がアンケートのようなものを書いていました。



上から見た様子です。



ダイハツのコンセプトカーはたくさんあり、
これは「HINATA」という名の
「ひなたぼっこ」をイメージしたクルマです。

あくまでもコンセプトカーといった雰囲気でした。



「TENPO」という名の
移動式販売車をイメージしたクルマです。

とてもすっきりしたデザインだと思います。
会場にはアンケートを取る人がいて、
じっくり見ていると意見を聞かれます。

おそらく、
今後のデザイン展開において参考にするものと
思われます。



「D-BASE」というコンセプトカーは、
かなり現実的なデザインなので、
何らかの形で発売されると思われます。



すぐ売り出しても違和感のない
デザインだと思いました。



一般的に福祉車は、
既存のクルマを改造したものがほとんどですが、
クルマそのものをデザインしています。



「NORIORI」という名がつけられていました。
極端にステップが低く設計されています。

日本は少子高齢化が進んでいるので、
ダイハツの新たな取り組みだと感じました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
いつ終わるかわからないブログですが、
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。
よろしかったら読んでみてください。


















 

2015.12.05 Saturday

東京モーターショー2015(1)

 

一か月ほど前のことですが、
東京ビッグサイトで開催された
「東京モーターショー」へ行ってきました。





私は一日かけて見学したかったので、
近くのホテルに前日宿泊し、
朝一番に入場しました。



フルモデルチェンジした「BMWの7シリーズ」です。



サイドの太いモールが印象的でした。



少し前にマイナーチェンジした「1シリーズ」です。



平日でしたが、たいへんな混みようでした。



「レクサスRC-F」のレーシングカーです。



私が、レクサスブースで一番見たかったクルマです。



時期LSの方向性を示していると思われるデザインスタディです。



全体的なデザインは、
2年前に発売されたISの流れを含んでいます。



ヘッドランプのデザインテーマは、NXで提案され、
IS、RC、GSと続いています。



ボディが大きいので、
押し出し感が強く感じます。



コンセプトカーなので、
自由度の高いデザインになっているようです。



今日も読んで頂き、ありがとうございます。

長いブログになると思いますが、
よろしかったら続編を読んでください。











 

2015.11.19 Thursday

フリードクリエイティブ



 今月初めに「ポートメッセ名古屋」において
異業種交流会が開催されました。



開催場所の金城ふ頭に
豪華客船「飛鳥供廚停泊していました。

日本国内をはじめとして、
世界中から1300社、出展していました。



私の兄が経営している会社が出店していたので、
見学と励ましに出かけてみました。



タイ製フォークリフト用タイヤの輸入販売を行っている会社です。
取り付けも行っています。



時間を作っては営業に出かけているようです。



この場所での営業効果は、かなりあるようです。



今となっては珍しくありませんが、
会場内に「ミライ」がおいてありました。



メーター回りは、
来月発売される「新型プリウス」に似ています。



愛知県の自動車ディーラーも出展していました。
名古屋トヨペット所有の「トヨタ2000GT」です。



トヨタ系の会社は、
まとまって出展していました。



会場内にレストランはあるのですが、
屋外にある屋台の人気があるようでした。



人気のある屋台は行列ができていました。

一つ違いの兄と二人だけの兄弟ですが、
どちらも会社を経営しているので、
「お互いがんばらなければ」と決意を新たにしました。








孫が3歳になり、会話が成り立つようになりました。



家にいると遊んでくれと頼まれます。
ある意味、別の楽しみが増えました。







 

<< | 2/20PAGES | >>