PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.06.10 Sunday

北海道旅行2018(47)

 

この日の宿泊先は

山形県鶴岡市にある「湯の瀬旅館」です。

 

   http://www.yunose.jp/

 

 

山の中にある一軒宿です。

 

 

庭に鯉が泳いでいました。

 

 

BSの旅番組などで紹介された旅館です。

 

温泉俳優といわれる「原田龍二」さんのサインです。

 

 

 

おしんで有名になった

「小林綾子」さんのサインもありました。

 

 

 

冬の東北地方はとても寒いですが、

部屋は十分に暖房がきいていました。

 

 

入り口にあるロビーです。

 

 

 

この旅館が有名なのは、

奥行き25メートルほどある
プールのような露天風呂があることです。

 

混浴になっていますが、

女風呂は仕切ってあります

 

 

夕食は部屋です。

 

海が近いことで、

新鮮な魚料理でした。

 

 

 

途中で追加料理を持って来てくれました。

 

味もよく、

とてもおいしいものでした。

 

 

こちらは朝食です。

 

開放感あふれる広い露天風呂と

おいしい料理があるので、

ぜひともお勧めしたい旅館です。

 


翌朝は新潟方面へ向かいました。

 

 

田舎でみた景色ですが、

古いマイクロバスを倉庫代わりに使っているようです。

 

 

山里を走り、

国道7号線を目指しました。

 

 

 

この日も

愛車「ツイン2号」は快調でした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2018.06.09 Saturday

北海道旅行2018(46)

 

 

 

 

 

花を題材にした写真は、

一瞬のきれいな部分を捉えています。

 

 

仏像写真は、

一番端的に表している表情を

捉えているように思われます。

 

見事としか言いようがありません。

 

 

九州にある「臼杵の石仏」です。

 

 

 

東北地方にある山寺です。

 

 

 

酒田市が制定した

名誉市民の一号になっています。

 

 

見学を終えて

屋内から見た池です。

 

 

本人の愛用品が展示してありました。

 

 


撮影に使ったレンズフィルターと予備レンズです。

 

 

 

手の込んだ設計になっている良い美術館です。

 

とても落ち着ける場所でした。

 

 

美術館の収蔵品はたくさんあるので、

定期的に展示を変更しています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.06.08 Friday

北海道旅行2018(45)

 

 

入り口を入ったところに

地元の風習である「傘福」がありました。

 

幸福を願い、

傘に飾り物をぶら下げるものだそうです。

 

 

 

土門拳が幼少期を過ごした

酒田市の思い出を説明しています。

 

 

本人の写真です。

 

 

 

右手が不自由になった時に

左手で書かれた文字です。

 

 

 

晩年期の作品は

仏像の写真がメインになっています。

 

 

 

 

 

 

撮影するにあたり、

角度とストロボの入れ方が絶妙です。

 

 

館内は

撮影が許可されていました。

 

土門拳の代表作が展示してありました。

 

 

 

 

 

 

仏像撮影にあたり、

一番特徴を出しやすいアングルとなっており、

やはりプロは違うと実感しました。

 

 

 

 

野にある石仏です。

 

 

 

 

 

 

草花の写真も得意としていました。

 

 

 

 

ここの展示されている作品は、

今の時代を違い

アナログのフィルムカメラで撮影されたものなので、

撮影テクニックは相当高度なものと思われます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.06.07 Thursday

北海道旅行2018(44)

 

旅行も終盤になりました。

 

この日は山形を走りました。

 

 

道路に雪はなかったのですが、

畑には50センチほど積もっていました。

 

 

秋田県湯沢市まで

秋田道を利用しました。

 

途中休憩した「錦秋湖SA」です。

 

除雪した雪が

5メートルほどの高さになっていました。

 

 

 

この後、湯沢横手道路を走りました。

 

 

 

酒田市にある「飯森山中央公園」に到着しました。

 

 

 

以前から行きたいと思っていた

「土門拳記念館」に寄りたかったからです。

 

 

公園の奥に記念館があります。

 

 

 

記念館は

きれいな公園の中にありました。

 

 

鯉がエサをもらえると思ったようで、

近くに寄ってきました。

 

 

 

最初公園の入り口にある駐車場にクルマをとめたのですが、

記念館の横に駐車場があったので

クルマをとめ直しました。

 

 

 

記念館の入り口です。

 

土門拳は

有名な戦中から戦後にかけて活躍した写真家です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.06.06 Wednesday

北海道旅行2018(43)

 

田沢湖へ行ってみました。

 

 

有名な辰子伝説よって建てられた

黄金の辰子象です。

 

 

日本で一番深度がある湖です。

 

 

湖岸に小さな社がありました。

 

 

深度があることで

冬も凍結しない湖です。

 

 

 

冬の東北らしい景色が広がっていました。

 

 

 

 

この後、本日の宿泊先、

岩手県の花巻にある「鉛温泉」へ向かいました。

 

 

鉛温泉「藤三旅館」へ到着しました。

 

 

古い木造3階建ての建物です。

 

 

入り口にあるロビーです。

 

よくテレビの旅番組で紹介されている旅館です。

 

 

寒い地域なので、

窓は2重になっています。

 

 

 

東北地方にある

有名な温泉を紹介するポスターが貼ってありました。

 

 

この旅館の名物は

立って入る風呂です。

 

 

旅館に着いた時間が早かったこともあり、

入浴客は少なめでした。

 

 

夕食は部屋食になります。

 

 

朝食も部屋まで持って来てくれました。

 

 

 

旅館は裏には

小川が流れていました。

 

 

普通の浴槽もあります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/295PAGES | >>