PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2016.12.23 Friday

エクストレイルHV・モードプレミア4WD(3)

 

室内側のドアキャッチは、

フーガのような3次元的デザインになっており、

使いやすさは抜群です。

 

パワーウインドースイッチは、

自然に手が届く場所にあります。

 

 

レーダークルーズを標準装備しています。

 

 

左はオーディオ関係のスイッチです。

 

 

コンソール前部に小物が置けるような台があり、

USB差し込み口と12ボルト電源があります。

 

 

助手席のグローブボックスは

十分な広さがあります。

 

ダンパーにより、

ゆっくり開きます。

 

 

ドアミラーは上下に広さがあり、

視認性は良いと思います。

 

 

同じく、右も良好です。

 

 

オーバーヘッドコンソールには

サングラス入れがあるので便利です。

 

 

センターコンソールには、

走行モード切替のダイヤルと

シートヒータースイッチがあります。

 

2名分のカップホルダーも装備しています。

 

 

ひじ掛けを兼ねたコンソール後方にあるフタの裏側は

ペンか2本収納できるようになっており、

便利だと思います。

 

 

十分な収納スペースがあり、

ここにも12ボルト電源があります。

 

 

最近のニッサン車は

スタートボタンが左側にあります。

 

ナビはSDカードを忘れていたので、

表示させることができませんでした。

 

最近の新型車と比べると、

やや画面が小さいと思います。

 

 

圧倒的な解放感のある

「パノラマルーフ」です。

 

 

国内販売されている

日産の本格的なオフロード車といえば

「エクストレイル」ぐらいになってしまいました。

 

その分、完成度は高いクルマだと思います。

 

 

欧州車に似た

奥行きのあるメーターです。

 

個人的な感想として、

思った以上によく走ると思います。

 

ハイブリッド車によくある

かったるい走りではなく、

とてもきびきび走ります。

 

また、走行中のエンジン停止状態が長く、

このあたりはタコメーターがあるので

実感できます。

 

トヨタ以外のハイブリッド車は、

すべてリチウムイオンバッテリーです。

 

しいて欠点といえば、

エンジンが始動した時に、

時速45キロから60キロぐらいで

こもり音が発生するので、

すこし気になりました。

 

パノラマルーフは解放感があり、

オープンカーのような感覚を

味わうことができます。

 

トータルで考えれば

豪華さはあまり感じませんが、

乗って楽しいクルマだと思います。

 

 

 

 

 


2016.12.18 Sunday

エクストレイルHV・モードプレミア4WD(2)

 

ドアキャチ周囲にプレスが入れられており、

高級感を感じます。

 

 

ドアトリムは

立体感があり、機能的にデザインされています。

 

 

ほとんどの日産車は

インストルメントパネルが手前に傾斜しており、

見た目以上に広がりを感じさせてくれます。

 

 

インパネ右下にETC車載器があります。

 

アルミペダルではありません。

 

 

使用頻度の高いスイッチは

インパネ右にまとめられています。

 

 

車格の問題もあると思いますが、

パワーシートではありません。

 

 

エンジンルームは

エンジンのみカバーに覆われており、

比較的ごちゃごちゃしています。

 

 

フロントフェンダーは

かさ上げして取り付けられています。

 

 

ハイブリッドバッテリーが関係していると思いますが、

荷台はかさ上げされています。

 

 

 

電動バックドアが付いています。

 

荷台は2重構造になっています。

 

 

左側にジャッキが格納されています。

 

 

助手席側から見ても

広がりを感じるデザインだと思います。

 

 

パノラミックガラスルーフを装備しているので、

解放感は抜群です。

 

 

リヤドアもフロントドアと同じデザインです。

 

汚れにくく、アウトレジャーを考慮しているようです。

 

 

ホワイトとブラックの

コンビネーションシートになっています。

 

黒一色ではないので、

見た目以上に解放感を感じます。

 

 

後席にもエアコン吹き出し口を装備しています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.12.03 Saturday

エクストレイルHV・モードプレミア4WD(1)

 

エクストレイルのハイブリッドが入庫しました。

 

オーテックの特装車「モード・プレミア」です。

 

最初に目を引くのはバンバー形状の違いです。

ノーマルより乗用車テイストが強くなっているデザインだと思います。

 

 

2代前までのエクストレイルはクロカンぽいデザインでしたが、

3代目は大きく異なり、乗用車風のデザインになりました。

 

以前あったデュアリスと合体したようなデザインです。

 

 

 

どことなく「ムラーノ」にも見えます。

 

 

マフラーは2本出しになります。

 

個人的な意見として、

感覚が狭すぎると思います。

 

もう少し左右に張り出したほうが

バランスが取れるのではないかと思いました。

 

オーテックの専用エンブレムが付きます。

 

 

フロントから見ると

ノーマルのエクストレイルより

押し出し感を感じます。

 

 

LEDヘッドランプは標準装備です。

 

 

メッキモールは高級感を感じます。

 

ハイブリッド車の場合、

LEDフォグランプは標準装備になります。

 

 

大きな開口部をもったパノラミックガラスルーフ付きです。

この装備はメーカーオプションになります。

 

フロントのガラスルーフは

開閉させることができます。

 

内ブタにあたるシェード部分は

電動で開閉できます。

 

 

ドアキャッチはボディ同色ではなく、

メッキになっています。

 

 

ドアミラーウインカーです。

 

 

 

左右ドアミラーの下に

カメラが付いています。

 

 

フロントカメラは

ニッサンマークの下にあります。

 

 

これにより

合成画像のアラウンドビューを見ることができます。

 

 

 

 

アルミホイールは、

「モード・プレミア」専用デザインになります。

 

 

中央のセンターキャップは

ニッサンマークではなく、オーテックのエンブレムになります。

 

 

タイヤは、前後同サイズの225/60/R18です。

 

最近の日産車は、

ダンロップ指定が多いような気がします。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 


2016.11.30 Wednesday

神坂峠(2)

 

奥矢作胡から国道257号線を走り、

国道363号線で中津川まで向かいました。

 

 

途中、休憩と充電を行った

道の駅、「上矢作ラフォーレ・福寿の里」です。

 

小型になった新しい充電器です。

 

 

中津川から

旧中山道にあたる県道7号線を走りました。

 

奥に見える赤い橋は

中央道の「落合川橋」です。

 

 

途中から神坂峠に入りました。

 

途中に名水が湧き出る場所がありました。

名水とのことですが、

飲んではいけないとの説明があります。

 

 

こんこんと水は湧き出していました。

 

 

昔のバス停のようです。

 

 

神坂峠に近づくと

雪が残っていました。

 

 

旧道の碑があります。

 

 

この場所が神坂峠の頂上あたりになると思います。

 

 

長野県方面は

通行止めになっていました。

 

同行してくれた

puchansdrさんが様子を見に行ってくれました。

 

 

反対側は

スキー場「ヘブンス園原」へ向かう道ですが、

こちらもロープが張られており

通行止めになっています。

 

 

も一度中津川市に戻って

清内路を走り、

神坂峠の長野県側へ向かいました。

 

 

こちらも通行止めになっています。

 

 

ここから

先ほど訪れた神坂峠の岐阜県側とは

ほんのわずかの距離です。

 

夏にバイクで訪れてみようと思っています。

 

 


2016.11.28 Monday

神坂峠(1)

 

先日、岐阜県と長野県をまたぐ

古代の道、「神坂峠」へ行ってみました。

 

 

高速道路を使わず

国道を利用しました。

 

途中にある「矢作第2ダム」です。

 

 

矢作ダムの北側にあたる

岐阜県側を走りました。

 

 

所々に、きれいな紅葉が残っており

写真を撮りました。

 

 

自宅から

奥矢作湖までは50キロほどあります。

 

途中でヒーターを温めるために

数回エンジンがかかりましたが、

基本的にモーターで

走行できました。

 

 

見事な紅葉でした。

 

 

ちょうど駐車帯があったので、

写真撮影するのに助かりました。

 

 

バイクはどこにもとめることができますが、

クルマで出かけると、

とめる場所を探すのに苦労します。

 

 

こんな感じでクルマをとめました。

 

 

若いころは

きれいなものを見た時の

感動が薄かったのですが、

年齢を重ねるごとに

感動する思いが強くなりました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/247PAGES | >>