PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2017.07.07 Friday

能登半島(15)

 

 

1975年に打ち上げられた

火星探査を目的とした

「バイキング宇宙船」です。

 

 

 

1977年に打ち上げられた惑星探査船

「ボイジャー1号、2号」に取り付けられたレコードです。

 

 

地球以外の生命体に発信するメッセージが入っています。

 

 

博物館に庭に「ニュートンの木」が植えてありました。

 

 

この後、金沢方面に向けて

有名な「千里浜なぎさドライブウェイ」を走りました。

 

 

日本で唯一、

浜辺を走ることができる道路です。

 

 

砂は固くて締まっていました。

 

 

浜辺の砂は

塩分を含んでいるので、

ボディの下周りが錆びてしまう心配がありました。

 

 

道路と海が、一体になっています。

 

 

 

この旅行の最終目的地、

金沢港にある「からくり記念館」へ到着しました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2017.07.06 Thursday

能登半島(14)

 

 

木星や土星探査を目的として打ち上げられた

「ボイジャー」です。

 

本物に近い材質で

組み立てられているレプリカです。

 

 

 

 

 

写真が横になってしまいましたが、

「アポロ計画」の船外活動で使われた宇宙服です。

 

 

後ろに生命維持装置がついています。

 

 

アポロとソユーズが

初めてドッキングに成功した時に

発行された記念メダルです。

 

 

 

「アポロ17号」で使われた

船内宇宙服です。

 

 

 

スペースシャトルで使われた

船内活動服です。

 

ポケットがたくさんついています。

 

 

月の土がありました。

 

 

 

かなり厚い

「アポロ着陸船」の解説マニュアルです。

 

 

 

実物大の月着陸船が展示されていました。

 

 

 

月に最初に降り立った

宇宙飛行士が身に着けていた「オメガ」の腕時計です。

 

 

 

「バイキング火星探査船」です。

 

 

 

旧ソ連時代に

月探査を行った「ルナ」の模型です。

 

 

1889年に

アメリカのアリゾナ州で見つかった隕石です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.07.05 Wednesday

能登半島(13)

 

2日目、2番目の目的地、

宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」へ到着しました。

  

  http://www.hakui.ne.jp/ufo/

 

 

 

巨大なUFOのような形をした

ドーム状の建物です。

 

 

アポロ計画で使用された「月面車」です。

 

 

地球で試験ができるよう、

タイヤがゴム製に変更されています。

 

 

博物館のマスコット「サンダーくん」

の砂像がありました。

 

 

 

アメリカで行われた

「マーキュリー計画」で使われた宇宙船のレプリカです。

 

 

博物館の展示品は、

できるだけ本物に近いものを展示するようにしています。

 

 

とても狭い船内です。

 

 

 

旧ソ連から譲り受けた

本物の「ボストーク宇宙船」です。

 

 

本物の証明書があります。

外側は地球に帰還する時の熱で

焼けています。

 

 

 

これも一人乗りで、

中は狭くなっています。

 

 

 

NASAで開発された

月や火星で使う運搬車です。

 

本物と同じ材質でできているそうです。

 

 

人類初の宇宙飛行士「ガガーリン」の宇宙飛行「成功を

記念して発行された記念メダルです。

 

 

奇跡の生還を果たした

「アポロ13号」のシートの一部です。

 

 

本物と同じ材質で造られた

司令船です。

 

 

 

3人乗りになっています。

 

 

外に貼られている耐熱シールは、

本物と同じ材質です。

 

 

おびただしい数のスイッチがありました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2017.07.03 Monday

能登半島(12)

 

日本海は

透き通るようなブルーでした。

 

 

昔、この付近で火山活動があったようです。

 

 

このあたりの断崖は「能登金剛」をよばれています。

 

 

 

透き通った海が印象的でした。

 

 

 

こちらが有名な「巌門洞窟」です。

 

 

 

無数の「奇岩」や「断崖」がありました。

 

 

江戸時代の広重の版画に

取り上げられている景勝地です。

 

 

陸から「巌門洞窟」を見に行きました。

 

 

 

長い階段を降りると

「巌門洞窟」がありました。

 

 

きれいで透き通るようなブルーが、

とても良い思い出になりました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 


2017.07.01 Saturday

能登半島(11)

 

県道を走ると

入り江に集落が見えました。

 

 

風を避ける「間垣」で囲われています。

 

 

 

対になった滝がありました。

「男女滝(なめたき)」と呼ぶそうです。

 

 

途中から

国道249号線に入りました。

 

 

 

新しくできた道の駅「赤神」がありました。

 

名前の由来は、

岩が夕日に照らされて赤く染まることから

「赤神」という名がつけられたそうです。

 

 

鋸のような岩が続いています。

 

 

時々、大きな岩がありました。

 

 

 

観光名所「巌門」を見学することにしました。

 

 

見どころは数か所あります。

 

 

遊覧船に乗ってみました。

 

 

 

何年振りか忘れましたが、

久々に乗る遊覧船です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/264PAGES | >>