PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.01.12 Friday

フーガHVクールエクスクルーシブ(2)

 

スカイライン同様、

「フーガ」のエンブレムが入るのは

この部分だけです。

 

 

ドアトリムは

3次曲面が使われており、

「クールエクスクルーシブ」のみ

アームレスト部分がホワイトになります。

 

 

ホワイトのシートが付くことで、

重厚感の中に軽快感を感じることが出来ます。

 

 

助手席には

電動で作動する「オットマン」が付いています。

 

 

期間限定車である「クールエクスクルーシブ」は

BOSEが標準装備になっています。

 

 

フーガの標準オーディオの音質は悪くありませんが、

「BOSE」はずば抜けて良い音質です。

 

 

見慣れた「BOSE」のロゴです。

 

 

左右フロントフェンダーにつく

「ハイブリッド」のロゴは

2度変更されています。

 

 

ラジエーターの上に付くカバーが大きくなっており、

エンジンの上にもカバーが付いています。

 

 

ボンネットの開閉は

ダンパーで行うので、

力を入れなくても持ち上げることが出来ます。

 

 

「フーガ」と「スカイライン」は

ボンネットキャッチが2か所あり、

ボンネットの材質はアルミになっています。

 

 

マイナーチェンジで

大きく印象が変わった「フーガ」です。

 

 

マイナー前のモデルに比べると

全体が引き締まって見えます。

 

 

気になる燃費ですが、

街中でリッター12キロ前後、

長距離だとリッター16キロから17キロほど走ってくれるので、

たいへん経済的です。

 

同じ3・5リッターV6エンジン+ハイブリッドの

レクサスGS450hやのマジェスタより

15%ほど良いと思われます。

 

 

トヨタのハイブリッド車は

モーター走行している時に

エンジンがかかっている場合がありますが、

ニッサンのハイブリッドは完全な切り離しが出来ます。

 

このクルマはトータルで5100キロほど走っていますが、

そのうち40%ほどをモーター走行したことになります。

 

マイナーチェンジした「フーガ」に乗って感じたことは、

ハイブリッドシステムが大きく進化したと思いました。

 

初期のモデルで感じた「ぎくしゃく感」を感じず、

非常にスムーズな走りを見せてくれます。

 

また、直因安定性が向上しており、

タイヤノイズが大きく減っています。

 

シートが大きめということもあり、

長距離ドライブは疲れ知らずです。

 

乗られたことがない方に、

このフィーリングを

ぜひとも味わって頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.01.10 Wednesday

フーガHVクールエクスクルーシブ(1)

 

昨年のことになりますが、

マイナーチェンジしたフーガHVに

少しの期間、乗っていました。

 

 

私なりに

気が付いた部分をお伝えしたいと思います。

よろしかったら読んでみてください。

 

 

フーガはマイナーチェンジにより

スカイラインに似たデザインとなりました。

 

 

サイドから見ると

新型LSに似ています。

 

発売されてから

10年近くになりますが、

個人的には

古さを感じさせないデザインだと思います。

 

 

車幅灯がラインLEDとなり、

スカイラインに似たデザインになりました。

 

 

このクルマのグレードは「クールエクスクルーシブ」なので、

グリルがブラックの

「ガラスフレーク」塗装になっています。

 


ウインカーとフォグランプは

メッキに覆われており、

高級感を感じます。

 

 

ハイブリッドは

発売時のタイヤはダンロップ製でしたが、

途中からBS「レグノ」に変更されています。

 

 

サイズは245/50R18となっており、

前後とも同サイズです。

 


ドアミラーウインカーになっており、

風切り音も抑えられています。

 

 

マイナーチェンジにより

テールランプデザインが変更されたので、

すぐに新型だと分かります。

 

トランクモールは

上部分が太くなっています。

 

 

 

「クールエクスクルーシブ」が発売になってから

トランク中央にも「インフィニテイマーク」

が付くようになりました。

 

アルミホイールのデザインも

変更されています。

 

 

ラインLEDを使ったテールレンズになったので、

夜間はとても目立ちます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.12.23 Saturday

NV350キャラバンライダー(3)

 

本革ではありませんが、

セルクロス、カブロンと呼ばれる防水シートになっています。

 

 

ドアトリムは

機能を追求したデザインになっています。

 

 

書類を入れることが出来る

長いタイプの収納があります。

 

フロント部分は

ペットボトルが入ります。

 

 

樹脂には

カーボン調のシボが入れられています。

 

 

スイッチ関係は

使用頻度ごとに

きちんと整理されています。

 

 

このクルマには

アラウンドビューモニターがあるので

フロントにアンダーミラーがありません。

 

 

自然な位置にある

シフトレバーです。

 

 

オートエアコンのスイッチは

コンパクトにまとめられています。

 

 

 

ダッシュ中央に

格納式の2名分ドリンクホルダーがあるので、

とても便利です。

 

 

メーターパネルは

V36スカイラインのように

ブルーを基調としたデザインです。

 

 

商用車というより

SUVを感じさせてくれる運転席でした。

 

 

左ドアミラーを見たところです。

 

 

角ばったドアミラーは

四隅が見えることもあり、

安心感があるようです。

 

 

中央に

大きなコンソールがあります。

 

 

大きなスペースがあり、

ノートパソコンが収納できそうです。

 

 

乗用車的なワイパースイッチです。

 

 

オート機能を備えた

ライトスイッチです。

 

試乗した感想として、

2500ccのディーゼルターボは

とても力強く、

音は大きめですが、走りに不満はありません。

 

収納がたくさんあり、

とても考えられて設計されています。

 

乗り心地も悪くないと感じました。

 

このクラスは

ハイエースが圧倒的に強いシェアを誇っていますが、

個人的にはキャラバンのデザインが好きなので

私ならキャラバンを買います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.12.22 Friday

NV350キャラバンライダー(2)

 

リヤガラス上方に

ハイマウントストップランプとワイパーを装備しています。

 

 

2列目のシートは

足元が広く、ゆったりしています。

 

 

左スライドドアを開けたところに

工具が収納されています。

 

 

ジャッキは

右にありました。

 

 

ライダーは

プライベートで使われることが多いグレードということで

フロアはカーペットになっています。

 

 

デュアルエアコンを装備しています。

 

 

荷室はフルトリムされています。

 

 

助手席の裏側に

ポケットが2か所あり、

とても便利な装備になっています。

 

 

運転席の後ろにもポケットがあります。

標準で積載物を固定できる

移動式クロスバーがついています。

 

 

後席後方にも

移動式クロスバーがついています。

 

 

後席スライドドアは

ガラス中央が開閉できます

 

 

ガラスを開けたところです。

 

 

外から見ると、

とてもスタイリッシュに見えます。

 

この装備は

マイナーチェンジ後のハイエースにも付きました。

 

 

解放感を感じる運転席です。

 

 

前席は乗降グリップが左右ともあり

乗り込む時に便利です。

 

 

助手席側は

上部に物入れがあります。

 

 

下側も大きな物入れが付いています。

 

 

左右スライドドアには

ペットボトルが収納できます。

 

 

コンソール後方にも

ドリンクホルダーがついています。

 

 

コンソール後方に引き出し式のテーブルがあります。

ノートパソコンなどを置くことが出来るので、

とても便利だと思います。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.12.21 Thursday

NV350キャラバンライダー(1)

 

先日、キャラバンライダーに試乗させてもらいました。

私なりに感じたことを書きます。

 

よろしかったら読んでみてください。

 

 

フロントグリルがライダー専用品なので、

見た目の迫力を感じます。

 

フロントスポイラーもライダー専用品です。

 

 

スライドドアのガラスカットが

競合車のハイエースと異なっており、

こちらの方が新しさを感じます。

 

サイドシルプロテクターも装備しています。

 

リヤアンダープロテクターがあるので

車高が低く見えます。

 

 

オプション扱いでルーフスポイラーがありますが、

このクルマには装備されていません。

 

 

ドアロックは

スマートキーに対応しています。

 

 

ドアミラーはメッキカバーがあり、

ウインカーもついています。

 

 

ウォシャーノズルは

ワイパーベースと一体化しています。

 

 

このクルマは「プロスタイルパッケージ」なので、

LEDヘッドランプになっています。

 

 

車幅灯もLEDになっています。

 

 

ブラックメッキ調の15インチアルミです。

 

 

 

タイヤサイズは195/80R15です。

 

ニッサン車には珍しいヨコハマ製です

 

 


スライドドアのガラス中央が開閉できるようになっており、

見た目にすっきりしています。

 

少し前にハイエースもこのような形状になりました。

 

 

テールランプは

遠方から見るとハイエースに似ていますが、

近くで見るとデザインが異なっています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/280PAGES | >>