PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2010.12.08 Wednesday

R35GT−Rについて

 

しばらくR35の話をしていませんでした。
いまも過去に書いたR35のブログアクセス数がかなりあり、
久しぶりにR35GT−Rの話をしてみたいと思います。



R35GT−Rと第2世代GT−Rの大きな違いは、
R35は最初からグローバルで販売することが計画されていました。
欧州のアウトバーンを時速300キロで巡行できる実力を備えています。



ヨーロッパで販売する場合、一番インパクトがあるのがニュルのタイムです。
そこでポルシェと同じ3800CCのエンジン排気量が決定されたようです。



時速300キロの速度になると、タイヤの性能が大きな影響を及ぼします。
ブリジストン、ダンロップとも、この車のために新たなタイヤを開発しました。



BS、ダンロップともタイヤのリブは少なめとなっています。
ぱっと見、サーキット専用Sタイヤに似ています。



スカイラインGT−R時代は安っぽいといわれた内装ですが、
R35GT−Rはしっかりと造りこまれています。



コンソール中央に蓋付きのカップホルダーがあります。
この蓋はシャッター式で開閉できます。



最近発売されているその他のニッサン車と同じ様に
燃料タンクオープナーがありません。
ドアが開錠されているときは、
燃料タンク給油口の蓋を押すことにより開けることが出来ます。



この車のグレードはプレミアムエディションです。
標準でBOSEオーディオシステムが付いています。
後席シート背もたれ中央に巨大なウーハーがあります。
BOSEが無い場合は物入れとなります。



左右ドアガラスのフロント側に三角プレートがあり、
この前部にふくらみがあります。
これはドアミラーとガラスの間を抜ける風に対し、
あえて乱気流を起こし風きり音を低減させているようです。
事実、時速150キロや180キロ出しても驚くほど静かに走行できます。
メーカーは時速300キロ以上出しても助手席と普通に会話が出来るといっています。



平成13年の東京モーターショーで発表された
GT−RコンセプトにGT−Rのサイドエンブレムがありました。
あの車は神奈川県にある座間記念庫に保管されているようです。
よろしかったら下のサイトを見てください。
下の方にGT−Rコンセプトがあります。
  
http://www.bekkoame.ne.jp/~hyoppy/photo15.htm

トランク内は見せてくれたそうですが、
エンジンルームは見せてもらえなかったようです。



ポルシェと同じ様にオートマモードで運転すると
ギヤが今何速に入っているかの表示が出ます。
オートマモードだと驚くほど早くギヤがシフトアップします。



メーターは見やすく、時速160キロで走るとスピードメーターの針が真横になります。



室内はタイトに出来ていて、ドアは厚みがあります。
ドアの室内側に大きなピンが出ています。
ドアが閉まった後にこのピンで更に絞るようです。



いつ乗ってもR35GT−Rは速いです。
トルクがあり、上り坂もぐんぐん加速します。
とても自分の運転テクニックで乗りこなすことが出ない車だと感じました。

通勤で車を使わない方、たまにしか運転しない人は面白い車だと思います。


最近マイナーチェンジがあり、中古車相場が少し下がりました。
これだけの性能の車が諸費用を入れて600万円以内で買えれば安いと思います。

過去のR34ニュルなどの中古車は高値で推移していました。
基本的に当社は第2世代GT−Rの販売は終了しています。
R35に乗るとGT−Rの進化をはっきり感じることができますし、
とてつもない性能の車ですが、手が届く金額になったのではないかと感じました。

コメント
鈴木様,大変詳細なコメント,ありがとうございました。工夫次第ではR34と維持費が大きく変わらないという点は斬新でした。職住接近のため,年間走行距離は4000km足らずですが,やはり保管方法が一番の問題ですよね。今乗っている車の車検があと1年半近くありますので,しっかりと検討したいと思います。検討途中でまたお世話になることもあるかと思いますが,どうぞよろしくお願いいたします。このたびはありがとうございました。
  • torii
  • 2012/07/14 9:10 AM
torii様へ
コメントありがとうございます。
当社で購入されたGT-Rのお客様は車庫を持っている方が大半のようです。
私は自宅にガレージがないので、うらやましい限りです。

維持費ですが、社員からタイヤは定価の半値ほどで購入できるところを見つけたと聞いています。
以前、ディスクパッドはローターとセットの販売でしたが、今はパッドのみ購入できます。
維持費はR34とあまり変わらないと思ってください。
一番大事なことは保管方法ではないかと思われます。

R35のサッチャムセキュリティは2週間乗らないとバッテリーが上がってしまいます。

流通で申しますと、ほとんど出回っている車は20年式が多く、来年2回目の車検満了時点で新車保証が無くなります。
当社では一度もありませんが、一部ミッションに不具合がある車があるようです。
このあたりも十分注意が必要だと思われます。

私は平成19年に初めてR35に乗り、とても自分で乗りこなすことはできない車だと思いました。
第2世代GT-R(R32〜R34)が軽自動車に思えました。

とてつもなく速く、こんなに速い車がこの世の中にあったのかと思ったほどです。

本音でいくと毎日乗る車ではないと思います。
購入するかどうかはもう少し検討してみてください。

私でお答えできる範囲はお返事をさせて頂きます。
ありがとうございました。
  • 鈴木 孝昌
  • 2012/07/12 1:36 AM
GT-Rの記事,食い入るように読ませていただきました。一度だけ日産さんで試乗させてもらったことがあるのですが,ものすごくスポーティな車である印象が残っております。スポーツカー好きでして,GT-Rにも興味関心を持っております。ただ,転勤族ゆえの賃貸マンション暮らし,妻からは「賃貸マンションでは目立つし,青空駐車なのでイタズラされるでしょう。維持費もすごいんでしょ?」と的確な指摘があり,返答できずにおります。賃貸環境は変えられないのでどうしようもないのですが,後者の維持費のほう,フリードさんで買われた方はどのような工夫をされているのでしょうか。尤も,維持費が心配な人はGT-Rを検討範囲から外せば問題ないのでしょうが,タイヤ1本10万,ブレーキ等ウン十万と聞くと・・・せっかく車両本体が手の届くところにあるのにと非常に残念に思ってしまいます。ぶしつけなコメント・質問で失礼いたしました。
  • torii
  • 2012/07/11 1:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック