PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.08.25 Sunday

レクサスLC500Sパッケージ(1)

 

少し前のことになりますが、

レクサスLC500に乗る機会がありました。

 

私なりに感じたことを書いてみたいと思います。

よろしかったら読んでみて下さい。

 


全体的なデザインは

「LFA」に似ている部分があると思います。

 

シャシー部分はLSとほぼ共通です。

 

 

ヘッドランプは3連LEDになっており、

ランプ周辺は、

かなり手の込んだデザインになっています。

 

 

 

テールランプもLSと似たデザインになっています。

 

 

最近のレクサスデザインは、

セダン系が曲面を多用したデザインになっており、

言い換えて見れば

風船を膨らませたようなデザインだと思います。

 

反面、SUV系はガンダムぽいデザインだと感じます。

 

 

Sパッケージは

リヤスポイラーが起き上がるようになっています。

 

 

高額なクルマということで、

ボディの後方下側まで

しっかりデザインされています。

 

 

Sパッケージは21インチとなり、

フロントタイヤは245/40/21,

リヤが275/35/21インチの大径になっています。

 

 

アルミホイールは

艶を抑えたダイヤモンド加工されています。

 

 

LSとよく似たデザインのドアミラーです。

 

 

エンジンルームを見ると

ほとんどがフルトリムされています。

 

 

ストラットバーはありませんが、

エンジンルーム内は補強が入っています。

 

 

見た目が美しく感じるよう、

エンジンルーム内もデザインされています。

 

 

ボンネット裏には

しっかりと断熱吸音材が張られています。

 

 

深くはありませんが、

トランクルームの容積は確保されています。

 

 

このクルマはハイブリッド車ではありませんが、

トランク中央下側に巨大なバッテリーがあります。

 

 

標準装備でランフラットタイヤになっていますが、

ジャッキは備わっています。

 

 

トランク内の右部分です。

 

 

左右リヤクォーターにスリットがあります。

 

 

 

 

スリット部分はデザイン上のアクセントになっており、

ここから取り入れた空気を排出させるようになっていました。

 

 

ドアキャッチは

R35GT−Rやテスラのような格納式です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック