PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.08.17 Saturday

1950年代バイク展(2)

 

今は無きメーカーのバイクです。

 

 

自転車の形から

オートバイの形に変わる時代のバイクです。

 

 

これも今は無きメーカーのバイクです。

 

 

 

 

カム形式がOHVになっています。

 

 

 

 

1953年といえば

自分が産まれていない時代のバイクになります。

 

 

 

 

年配のバイクマニアの方が

熱心に見学をしていました。

 


ここに展示されているものは

個人の方が所有しているバイクです。

 

 

 

 

とにかく

たくさんの台数がありました。

 

 

このバイクは2サイクルエンジンなので、

エンジンヘッドが低くなっています。

 

 

 

 

この時代のバイクは

一人乗りが多いようです。

 

 

名古屋にあったメーカーのバイクです。

 

 

 

 

 

 

当時の雑誌コレクションです。

 

 

燃料タンクのコレクションです。

 

 

排気量500CCの大型バイクです。

 

 

 

 

こちらは

さらに大きな排気量の600CCバイクです。

 

 

 

 

キャブトンのバイクは

独特の排気音で人気がありました。

 

 

 

 

途中でカワサキに吸収された

メグロのバイクです。

 

 

 

 

メグロの500CCです。

 

 

 

 

さらに排気量の大きい

650CCのバイクです。

 

のちのカワサキW1のルーツになったバイクです。

 

 

 

 

ハーレーから技術援助を受けて

生産された陸王です。

 

 

今もマニアに人気があります。

 

 

フェンダーの先に

陸王のマークが付いていました。

 

 

 

 

堂々としたスタイルです。

 

 

1950年代のバイクは

普段見ることがありませんが、

こうやって見学すると時代の移り変わりが分かり、

興味を持ちます。

 

コレクションのオーナーは

これだけのバイクを

自宅に保存しているようなので、

頭が下がりました。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック