PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.07.20 Saturday

2019年1回目 北海道旅行(24)

 

1979年から1983年にかけて

「スーパーシルエットレース」が開催されました。

 

 

「スカイライン」のスーパーシルエットです。

 

 

市販車は205psでしたが、

レースのクルマは570ps以上に高められています。

 

 

ブルーバードのスーパーシルエットです。

 

 

 

 

倉庫の隅に

整理されていないクルマが保管されていました。

 

 

パレードで使われた

プレジデントのEVです。

 

バッテリーは鉛バッテリーです。

 

 

 

 

1997年の東京モーターショーで発表され

2000年に限定発売された「ハイパーミニ」です。

 

すでにリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

 

 

 

 

このクルマも1998年(平成10年)に

発表された「ルネッサEV」です。

 

床下にバッテリーを搭載することで

フロアーがフラットになっており、

エアコンも装備されています。

 

 

 

 

「リーフ」発売前に先行開発された「キューブEV」です。

 

 

 

 

2009年に「日産先行技術説明会」で

発表された「ティーダEV」です。

 

すでに発売前の「リーフ」用シャーシーが使われていることで、

市販の「ティーダ」よりボディが一回り大きくなっています。

 

 

 

 

映画撮影用に使われたリーフの「パトカー」です。

 

 

 

 

2015年にニューヨークで採用されたNV200のタクシーです。

通称「イエローキャブ」と呼ばれています。

 

北米仕様ということで、

左ハンドルになっています。

 

 

 

 

2003年(平成15年)に発売された

「Z33ロードスター」です。

 

 

先行開発されたクルマなので、

ボディ後半の形状が異なっています。

 

 

 

 

 

1957年(昭和32年)に初代スカイラインが

発売されました。

 

 

このクルマは1961年に発売された

1900CCのマイナー後モデルです。

 

 

2001年(平成13年)に発売された

V35スカラインです。

 

 

このクルマは

FR用に開発されたCVTを搭載している

3500CCの「GT-8」です。

 

 

スカイラインの特別展が開催されていました。

 

 

サーキットできますが使われた

スカイラインの「セーフティーカー」です。

 

 

 

 

横浜スタジアムで使われていた

「リーフ」のリリーフカーです。

 

今は新型に変わっています。

 

 

 

 

このクルマも横浜スタジアムで使われていた「Be-1」です。

 

 

1978年から2005年(平成17年)まで27年間にわたり

名古屋の「ノリタケカンパニー」で使われていた

「パトロール」の消防車です。

 

きれいにレストアされていました。

 

 

 

 

貸し出されているクルマは歯抜けになっていました。

 

車両説明掲示板のみ残っています。

 

 

ローレル、セフィーロもありましたが、

なにぶん時間が無く、写真がありません。

 

 

「日産座間記念庫」は

期待以上の施設でした。

 

貴重なクルマがたくさんあり、

とても保管状態がよく、

見学する価値は十分あります。

 

もう一度行きたいと思っています。

 

 

この旅行は

レクサスRX450hで4786キロ走りました。

 

燃費はリッター14・5キロほどでした。

 

内装の造りが良く、豪華さはあります。

しかし、重さを感じました。

 

車両重量が2150キロほどあるので

仕方ないことかもしれません。

 

個人的なことですが、

ランバーサポートの位置が悪く

自分の腰と合っていないようです。

 

ホンダCR-Vは

ランバーを電動で上下させることができますが、

RXにはありません。

 

直進安定性はNXより劣ると思われます。

サスが柔らかい関係で、ふらつきが多少あり、

長距離走行は疲れます。

 

あくまでも個人の意見になりますが、

長距離はアウトランダーPHEV、エクストレイルのようが

快適なようです。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック