PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.07.13 Saturday

2019年1回目 北海道旅行(22)

 

前回のブログに書きましたが、

ブログにアップする時に写真の解像度が下がっているので、

写真を拡大しても内容がぼやけいます。

 

座間記念庫の写真はイメージのみ見てください。

 

 

ブルーバードに

始めて6気筒エンジンが搭載されたモデルです。

 

 

 

ロータリーエンジンを積むと噂されていた

2台目シルビアです。

 

 

 

「ケンメリGT−R」は

新車状態で2台展示されていました。

 

 

生産台数が4台のみと言われている

ボディカラーレッドです。

 

 

展示車はフルオリジナルです。

 

 

実際に神奈川県警で使われていた

「フェアレディ240ZG」のパトロールカーです。

 

37万キロ走行しているそうです。

 

 

 

ノーマルの240ZGもありました。

 

 

 

期間限定、限定1万台ほどで発売された「Be-1」です。

 

 

 

 

その後に発売された「PAO」です。

 

「Be-1」にはパワステがありませんでしたが。

「PAO」には装備されています。

 

 

 

 

三番目に売り出された「フィガロ」です。

 

すべてのクルマはマーチがベースになっています。

 

 

 

 

シルビアの兄弟車「ガゼール」です。

 

 

 

 

 

爆発的に売れた「シルビア」です。

 

当時の人気カラーが保管されていました。

 

 

 

 

FFになったブルーバードのV6エンジン車です。

 

 

 

 

通称「ジャパン」と呼ばれたスカイラインです。

 

 

 

 

その後に発売された「R30スカイライン」です。

 

人気車種のスカイラインは

まとめて展示されていました。

 

 

4気筒DOHCエンジンにターボが付いた

R30スカイラインのハードトップです。

 

 

 

 

 

 

こちらはセダンになります。

 

 

 

 

通称「セブンス」と呼ばれた

「R31スカイライン」です。

 

 

 

 

発売時の「R31スカイライン」は

セダンと4ドアHTしかなく、

途中で2ドアHTが追加されました。

 

その時に限定で発売された「GTS−R」です。

 

 

 

座間記念庫では

時間が無く、

写真を撮るだけで精いっぱいでした。

 

時々、空いている場所があり、

ディーラーなどに貸し出されているようです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック