PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.05.10 Friday

NSX(3)

 

メインスイッチを入れた状態です。

新型NSXは3モーターのハイブリッド車なので、

この時はエンジンが停止していました。

 

 

後付けだと思われる

カップホルダーが付いていました。

 

 

 

アームの長いドアミラーですが、

はっきり後方が確認できます。

 

 

インストルメントパネルの下部は

アルカンターラのような材質になっています。

 

 

ナビの画面はレジェンドに似ています。

 

 

オートマチックの操作部分は

最近のホンダ車と共通です。

 

一番上のダイヤルで

走行モードを切り替えることが出来ます。

 

 

オーディオ操作できる

ステアリング左側スイッチです。

 

 

右はオートドライブスイッチになっており、

トリップメーターとメーター中央にある画面切り替え

スイッチが付いています。

 

 

中央モニターをナビ画面から

オーディオ画面に切り替えたものです。

 

 

前回のブログに載せた

スタートスイッチは、

押すとブルーからレッドに変わります。

 

 

包み込まれるようなバケットシートです。

 

 

ガラスを2枚介しての後方視界は良好でした。

 

 

R35GT−Rに似たドアノブです。

キーシリンダーはドアに付いています。

 

 

運転席ドアガラスとリヤクォーターガラスに

段差がありません。

 

 

試乗せず眺めただけになってしまいましたが、

NSXの魅力を感じ取ることが出来ました。

 

エンジンがかかった時の音が大きく、

まるでフェラーリのような音です。

 

大メーカーの造ったクルマだけのことはあり、

最新の技術が詰め込まれていました。

 

NSXは少量生産車なので、

造りはしっかりしていました。

 

また入庫すると思うので、

次回は試乗してみたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック