PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.09.19 Wednesday

ツインハイブリッドバッテリーについて

 

ツイン1号、2号の休息場所は

本社ビルの3階です。

 

 

この場所にあると便利なので、

時々、クルマを磨いています。

 

 

見ているだけで癒されるクルマです。

 

あくまでも自己満足の世界ですが・・・・。

 

 

ハイブリッドのツイン1号のバッテリーは

鉛電池です。

 

上部にあるグレーのケース内に

バッテリーがありました。

 

下部は

インバーターなどの制御装置だと思われます。

 

高価なリチウムイオンや

ニッケル水素バッテリーでは

ありません。

 

 

発売当時は

古川製の2輪車用バッテリーという説明がありました。

 

 

先日、一度だけ

ハイブリッドシステム異常ランプが点灯しました。

 

鉛バッテリーの場合、

寿命が短く、おそらく5年ぐらいだと思われます。

 

 

先日、スーパーレレレさんが会社に来られ、

自分で交換可能かどうかを調べてくれました。

 

確かにバッテリーは2輪車用が

直列に16個、連結されていました。

 

液の無いメンテナンスフリーでしたが、

エアー抜きのパイプが連結されています。

 

2輪用のバッテリーを交換すればよいと

考えていましたが、

専用品のようです。

 

また8個はセンサーが付いており、

どうやら専用バッテリーでないと

交換は不可能なようでした。

 


コメント
とえる様

コメントを入れて頂き、ありがとうございます。

相模方面へ行く道志道を案内してもらい助かりました。
ありがとうございました。

あの日は無事に相模原に着いたのですが、
翌日の新東名は大雨でした。

後日、友人に聞いたのですが、
カタナは400より250の方が
面白いということを言っていました。

それで私もカタナ250に興味が湧いてきました。

またお会いしたいと思っていますので
今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございました。


  • 鈴木 孝昌
  • 2018/09/20 10:16 PM
こんにちは。
この間の本栖湖カタナミーティングの帰り道ご一緒した者です。
なかなか連絡せずすみません!
刀ミーティングの記事が投稿されてからコメントしたほうが良いかな?と思って少し待っていました。
いつか記事にしてください笑

ブログ少し拝見しましたが、写真が多くて良いですね。特に旅行記関係は見たことのないものが多く楽しめました。

ではまた、失礼しました。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック