PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.08.01 Wednesday

CX−5 XD・Lパッケージ4WD(2) 

 

エンジンルームを見ると、

高級車によくあるように、

フェンダーを留めるボルトが

見えないような配慮がされています。

 

 

大きめのエンジンカバーが付いています。

 

 

 

エンジンルームを見ると、

まさにぎっしりといった配置になっています。

 

 

ディーゼルエンジンということもあり、

入念に遮音材が入っているようです。

 

 

リアゲートは

電動になっています。

 

 

最近のマツダ車は造り込みがしっかりしています。

 

荷台はフルトリムされており、

素材も上質なものです。

 

 

スペアータイヤは無く、

パンク修理キットとBOSEのアンプが入っています。

 

 

荷室の左は小物を入れるスペースがあります。

 

 

同じようなスペースは右にもあります。

 

 

荷室の奥にパンク修理キットがあり、

ジャッキも付いています。

 

固いスチロールに、

はめ込むように収納できます。

 

 

電動ではありませんが、

リヤシートは荷室から倒すことが出来ます。

 

 

ずいぶん豪華になった

CX−5の室内です。

 

ホワイトのシートだと

夏場も暑く感じません。

 

 

エクステリアデザインと共通した

室内デザインになっており、

 

直線が基調となっているようです。

 

 

後席もゆったりしており、

十分な広さがあります。

 

 

前後ともドアトリムに

500ccのペットボトルを収納できます。

 

 

後席のセンター部分を倒すことが出来るので、

荷室とスルーになります。

 

 

センターアームレストは格納されています。

 

 

2名分のカップホルダーがあり、

3段階に調整できる

シートヒータースイッチがあります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック