PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.06.23 Saturday

北海道旅行2018(56)

 

このコーナーは村の成り立ちを解説しています。

 

 

新潟には小さな川がたくさんありました。

 

 

いろいろな種類の川船がありました。

 

 

 

 

用途により使い方は異なります。

 

 

魚を取るための漁法の解説です。

 

 

漁の道具の展示です。

 

 

海や川、水田などで異なる漁をしていました。

 

 

漁の方法の解説です。

 

 

浅瀬の海で使った下駄です。

 

 

 

 

 

 

地元でとれる代表的な野菜です。

 

 

曜日を変えて、

いろいろな場所で市が行われていました。

 

 

動力排水機が開発されたので、

水田の水位を下げることが出来ました。

 

 

水を権利をめぐり

各地で争いが起きたそうです。

 

 

 

生産性を上げるため、

水田は直線で区切られるようになりました。

 

 

人々の努力により川の環境が守られています。

 

 

 

 

川辺にいる昆虫です。

 

 

新潟にある佐潟がラムサール条約の登録湿地になり、

自然環境を守る努力が続けられています。

 

 

浜の環境を考えるコーナーです。

 

 

 

 

 

 

最近、

浜には外国からのごみが増えているようです。

 

 

締めくくりは、

新潟が水の歴史とともに

発展した様子が語られていました。

 

 

「新潟市歴史博物館」は、

かなり内容の濃い展示でした。

 

そのため見ごたえがあり、

予定時間を大幅にオーバーしてしまいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック