PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.06.08 Friday

北海道旅行2018(45)

 

 

入り口を入ったところに

地元の風習である「傘福」がありました。

 

幸福を願い、

傘に飾り物をぶら下げるものだそうです。

 

 

 

土門拳が幼少期を過ごした

酒田市の思い出を説明しています。

 

 

本人の写真です。

 

 

 

右手が不自由になった時に

左手で書かれた文字です。

 

 

 

晩年期の作品は

仏像の写真がメインになっています。

 

 

 

 

 

 

撮影するにあたり、

角度とストロボの入れ方が絶妙です。

 

 

館内は

撮影が許可されていました。

 

土門拳の代表作が展示してありました。

 

 

 

 

 

 

仏像撮影にあたり、

一番特徴を出しやすいアングルとなっており、

やはりプロは違うと実感しました。

 

 

 

 

野にある石仏です。

 

 

 

 

 

 

草花の写真も得意としていました。

 

 

 

 

ここの展示されている作品は、

今の時代を違い

アナログのフィルムカメラで撮影されたものなので、

撮影テクニックは相当高度なものと思われます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック