PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.05.10 Thursday

北海道旅行2018(31)

 

タンチョウの雛の解説です。

 

 

生まれる前の雛は

殻を割りやすいように

くちばしに角が付いています。

 

 

生後、7日から10日ほどで

倍の大きさになるようです。

 

 

一月経つと

ずいぶん大きくなります。

 

 

成長したタンチョウです。

 

 

雛にエサを与える時に使う道具です。

 

 

 

雛は最初に見たものと声で、

親と思う習性があるそうです。

 

 

 

毎日の行動は同じだそうです。

 

 

タンチョウは

飛び立つ時に助走し、

首を伸ばして飛びます。

 

 

遠くへ飛ぶときは、

らせん状に上昇し、気流に乗るようです。

 

このことは、

シベリヤから鹿児島県出水市にやってくる

ツルと同じです。

 

 

 

巣作りの解説です。

 

 

 

タンチョウは

卵を2個産むのが一般的です。

 

 

タンチョウには歯がないため、

かみ砕くのに小石を利用するそうですが、

間違えて異物を飲み込んで死んでしまう

タンチョウがいるそうです。

 

 

 

北海道も湿原が減り

タンチョウの生息地が狭くなる傾向にあります。

 

 

タンチョウにまつわる話の紹介です。

 

 

 

最後に

再び餌付けされた繁殖地を見学しました。

 

 

周囲は

雄大な北海道の景色が広がっていました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック