PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.02.22 Thursday

MIRAI(1)

 

いまさらというかも知れませんが、

燃料電池車の「MIRAI」に

乗る機会がありましたので、

私なりに感じたことを

お伝えしたいと思います。

 

よろしかったら読んでみてください。

 

 

未来的なデザインを狙っているものと思われますが、

ある意味、「けばさ」感じるデザインです。

 

 

過去を見ると、

トヨタは新たなジャンルのクルマを発売する時は、

奇抜さを狙ったデザインが多いようです。

 

 

あまり知られていませんが、

「MIRAI」のアンダーシャーシーは

プリウスと共用しています。

 

ヘッドランプは

プリウスPHVと同じもの(外側のみ異なる)

が使われています。

 

 

当社「トヨタインター店」の前にある

トヨタ元町工場で

少数組み立て生産されていることもあり、

細部はしっかり組み付けられています。

 

 

ウインカー付きドアミラーです。

 

 

ホイールデザインは、

未来を感じさせるシンプルなデザインです。

 

 

標準タイヤは

「BSエコピア」が採用されています。

 

 

多くのトヨタ車に共通なドアキャッチです。

 

 

斜め後方から見ると、

兄弟関係にあるプリウスに

シルエットが似ています。

 

 

フロントフェンダー左右に

「FUELCELL」のエンブレムが入ります。

 

 

個人的な感想として、

腰高に感じてしまうデザインです。

 

 

前後を同じテーマでデザインしたという

意図は理解できますが、

もう少し何とかならなかったのかと思います。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック