PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.02.21 Wednesday

スイフトスポーツ(2)

 

エンジンルームは、

コンパクトにまとめられています。

 

樹脂製のエンジンカバーが

付いています。

 

 

スズキの普通乗用車プラットホ−ムは

数車種で兼用されていることで、

フロントフェンダーは

かさ上げされています。

 

 

エンジンルームを見ると、

かなり詰まっているといった感じです。

 

 

旧モデル同様、トランクルームは

2段構造になっており、

トノカバーも付いています。

 

 

 

運転席は

旧モデルより迫力が増しました。

 

部分的に、

赤がグラデーションとして使われています。

 

タコとスピードメーターには

角度が付けられています。

 

 

ドアトリムにも

赤いグラデーションが入っています。

 

 

オートエアコンが標準装備です。

 

 

260キロまで刻まれている

スピードメーターが

走りを予感させてくれます。

 

このクルマは

6速マニュアル車でした。

 

スズキ自販中部に試乗車が入庫し、

真っ先に試乗させてもらうことができました。

 

自販中部のSさんには

大変感謝しています。

 

短い時間での試乗でしたが、

進化を感じることができました。

 

排気量がダウンサイジングされ

1400CCになっていますが、

ターボのお陰で動力性能は上回っています。

 

足回り、動力性能とも

大幅に旧型を上回り、

もっと乗っていたいと感じるほどでした。

 

まさに、運転が楽しめるクルマだと思います。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック