PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.02.17 Saturday

スイフトスポーツ(1)

 

待望の「スイフトスポーツ」に

乗る機会がありました。

 

私になりに感じたことを

書いてみようと思います。

 

よろしかったら読んでみてください。

 

 

パッと見の印象として、

 

旧型に似ていますが、

各部が洗練されています。

 

標準のスイフトと異なり

グリルがしもぶくれになっており、

面積が大きめです。

 

スフフトと違うクルマということが、

すぐにわかるデザインです。

 

 

LEDヘッドランプに

ラインLEDが入っています。

 

 

フォグランプも標準装備です。

 

 

アルミホイールは表面が削り出しとなり、

ヘアラインが入って豪華になりました。

 

 

先代モデルは「BSポテンザRE050A」でしたが、

コンチネンタルの「コンチスポーツコンタクト5」

に変更されています。

 

サイズは195/45R17となり、

旧型と同サイズです。

 

 

ドアミラーウインカーになっています。

 

 

左右に出された

2本マフラーが印象的です。

 

標準車は5ナンバーですが、

「スイフトスポーツ」は

幅が4センチほど増えているので

3ナンバーになります。

 

欧州車を思わせる

リヤデザインです。

 

 

テールランプの形は

先代モデルに似ていますが、

内部のデザインが異なっているので、

新鮮さを感じます。

 

 

マフラーの吹き出し口も

安っぽく見えないよう、

きちんとデザインされています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック