PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2017.12.02 Saturday

東京モーターショー2017(16)

 

メルセデスベンツブースに行ってみました。

次期AクラスをイメージさせるEV「コンセプトEQA」です。

 

 

F1マシンの展示もありました。

 

 

世界275台限定販売された

「AMG Project 1」です。

 

 

ハイブリッド4WDとなっており、

既に完売したようです。

 

 

これから投入されるメルセデスベンツのEVブランド「EQ」

のコンセプトカー「EQ A」です。

 

 

EVの航続距離は400キロとなっています。

流れるようなデザインが印象的なクルマでした。

 

 

2018年に発売予定の「BMW コンセプトZ4」です。

 

 

艶消しのオレンジに塗装されていました。

 

 

トヨタの次期スープラと

兄弟関係になると噂されているクルマです。

 

 

閉館時間が迫ってきたので、

印象に残ったクルマを再度見に行きました。

 

 

最初に見たくなったクルマは、

ボディから無駄なラインを排除した

「マツダ魁コンセプト」です。

 

 

あくまでもコンセプトカーなので、

リヤバンパー付近の処理など、

今後煮詰めて変更される部分があると思いますが、

美しさは抜群でした。

 

 

アンダーボディは、

ほとんどの部分がカバーに覆われていました。

 

 

閉館時間近くになると、

ずいぶんお客さんが減ってきました。

 

マツダの市販車は、

ほとんどがイメージカラーの「ソウルレッド」で

統一されていました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック