PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2017.11.23 Thursday

東京モーターショー2017(14)

 

新型センチュリーです。

 

 

デザインはキープコンセプトになっていますが、

フロント部分は未完成のように見えました。

 

 

クォーターが太くなっています。

 

 

テールランプデザインもキープコンセプトです。

 

クルマは現行モデルより

一回り大きく見えました。

 

 

 

EVの開発で出遅れていると言われているトヨタですが、

3台のコンセプトカーが展示してありました。

 

いずれも詳細は発表されておらず、

張りぼてのように見えました。

 

 

日産の「IMx」に比べると、

相当現実離れしたように見えました。

 

 

私が見たかったクルマが、

この「クラウンコンセプト」です。

 

 

ホイールベース長くなっており、

現行のマジェスタぐらいになっています。

 

 

現車を見ると、

とてもおとなしいデザインだと思いました。

 

 

4本出しマフラーになっています。

 

 

昔、クラウンは「ベンツもどき」といわれた時代がありましたが、

そのことを思い出しました。

 

 

噂によると

長年に渡り続いた古いシャーシーは一新され、

レクサスGS、ISのシャーシーに変更されるようです。

 

 

 

長く見ていると

新鮮さが感じなくなってくるデザインでした。

 

 

 

「ベンツCLS」を連想させるリヤデザインです。

 

 

アルミホイールのデザインが

甘く感じました。

 

発売時に変更されると思われます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック