PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2017.04.10 Monday

2017年冬 九州旅行(6)

 

ツル博物館「クレインパークいずみ」は、

「ツル」のみをテーマにしてた展示内容になっています。

 

 

「ツル」と人のかかわりを紹介ししているコーナーです。

 

 

世界中に生息している「ツル」の紹介です。

一番大きいのは「オオズル」です。

南アジアとオーストラリアに生息しています。

 

一番小さい「ツル」はナイジェリアに生息している

「カンムリヅル」です。

 

 

出水に飛来する「ツル」の調査方法です。

 

 

ねぐらから飛び立つ時と

戻るときの数を数えています。

 

 

出水に飛来する「ツル」が剥製で展示してありました。

ブログにアップした写真が横向きになってしまいました。

 

 

過去に数羽飛来した「タンチョウ」です。

 

 

 

 

羽根の先端が黒くなっている「ソデグロヅル」です。

 

 

「ソデグロヅル」の紹介です。

 

 

 

「クロズル」です。

 

 

出水平野に

一番たくさん飛来する「ナベズル」です。

 

 

 

中型の美しい「マナヅル」です。

 

 

 

全世界で一番生息数の多い「カナダヅル」です。

 

 

 

一番小さな種類といわれる「アネハヅル」です。

 

 

 

出水平野で初めて見つかった「ナベグロヅル」です。

「ナベヅル」と「クロズル」の混血種といわれています。

 

 

出水平野にやってくる

いろいろな種類の「ツル」は、

生息地域が似通っている関係で、

まぎれてやってくるようです。

 

 

世界に生息している「ツル」の紹介です。

 

中でも「アメリカシロズル」は

21羽に減少し絶滅の危機に貧しましたが、

手厚い保護と人工繁殖により、

200羽ほどまで回復しているそうです。

 

 

 

 

「ツル」は

夜眠るときに片足を上げて

頭を羽根の中に入れ寝ています。

 

 

行動する時は

家族単位で移動します。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック