PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2016.01.08 Friday

東京モーターショー2015(15)



昨年の夏に発売された
アウディ新型A4です。



ワゴンのアバントも展示されていました。

ボディを拭いているスタッフをみると
本国から来ている人のようでした。



輸入車には根強いファンが存在しています。



レーシングカーも展示されていました。
クルマの脇に男性モデルが立っていました。



アウディのコンセプトカー「prologue  allroad」です。



開場時間に入場し、
一日中、会場内を動き回っていました。

最後に
もう一度レクサスブースへ寄ってみました。

発表されたばかりの「GS−F」です。



どのメーカーもそうですが、
最近はドアミラーの色調が変えられています。

このブルーの「GS−F」は
グレーで塗られてました。



マイナー後のGSは
ヘッドランプは上下幅が狭くなり
最近のレクサス車を象徴したデザインとなりました。



フルオプションになっていました。
ヘッドアップディスプレイを装備しており、
インパネ上部の材質も変更されています。



ホールドのよさそうなシートです。



テールレンズのデザインも変更されました。

以前のモデルより
奥行きを感じさせるデザインだと思います。



カーボンのリヤスポイラーです



ノーマルのGSと
フロントフェンダーのデザインが異なっています。



次回の東京モーターショーは
2年後の開催です。

もう一度
レクサス「LF−LC」を見に行きました。



走りを強調したデザインのアルミだと思います。



クルマの前には
中国人風のモデルがいました。



閉館時間が迫っていたこともあり、
お客さんは減っていました。

お陰様で
じっくりクルマを見る事が出来ました。



ノーズ部分は
現行LSより逆スラントしています。



内装デザインは、
とてもあっさりしていました。



私は電車には、ほとんど乗りません。
愛知県長久手市にある自宅からお台場までの往復は
732キロあります。

スカイラインハイブリッドの燃費は
リッター17・2キロとなりました。

新東名でとばしてしまったのをやめれば、
おそらくリッター18キロ以上走ってくれたものと思います。

長いブログでしたが、
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次回はスカイラインとシェンタで行った旅行のブログを書きます。
よろしかったら読んでください。






 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック