PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2016.01.05 Tuesday

東京モーターショー2015(12)



「RX−VISION」です。
私が東京モーターショーで一番見たいと思ったクルマです。



ボディラインは、
余分な装飾を取り払ったデザインで
とてもすっきりしています。



かたまり感を感じさせるデザインだと思います。
あくまでもコンセプトカーなので、
タイヤハウスに余裕が無く、
ハンドルを切ったら
フロントタイヤがインナーフェンダーにあたってしまう感じでした。



とにかく存在感を感じるクルマでした。


 
モチーフに初代コスモのデザインを取り入れており、
横に「コスモスポーツ」が展示してありました。



日産ブースの横にルノーブースがありました。



春先に導入される「ルノートゥインゴ」のカットモデルです。
RRレイアウトになっていました。



日産ブースは人が多く、混んでいました。



軽自動車のEVコンセプト「ティアトロデイズ」です。



ドアは観音開きになっており、
ほとんどのスイッチは
タッチパネルになっていました。 



すべてのランプはLEDです。



自動運転を前提としたコンセプトカー「IDS」です。



コンセプトカーに多い
観音開きドアになっています。 



最近の日産デザインを取り入れています。 


 
デザインが煮詰められており、
とても完成度の高いクルマだと思いました。



航続距離が大きく伸びた「リーフ」です。



新色の「オレンジ」に塗られていました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。




 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック