PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.05.20 Sunday

北海道旅行2018(37)

 

太宰治記念館を見学する前に

戦争で故郷に逃れていた時に

住んでいた住居を見学しました。

 

 

 

この建物です。

 

 

 

こちらが

疎開したときに住んでいた住居の入り口になります。

 

 

 

 

 

 

もともと本家とつながっていた建物でしたが、

少し離れた場所に移築されています。

 

 

管理している方が

丁寧に解説してくれました。

 

 

 

この場所で撮影された写真です。

 

 

 

和洋折衷の建物となっていました。

 

 

 

作品を書き上げた部屋です。

 

 

 

きれいに掃除されており、

当時のたたずまいが感じられる家でした。

 

 

この後、太宰治記念館の「斜陽館」を見学しました。

 

 

 

http://dazai.or.jp/modules/contents/class-a01.html

 

 

 

国の重要文化財になっています。

 

 

太宰治は

資産家の家に生まれたそうです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます

 

 

 

 

 


2018.05.19 Saturday

北海道旅行2018(36)

 

函館に

全国的に有名なハンバーガー屋さんがあります。

 

この日の夕食は、

そのお店で食べることにしました。

 

 

夕食には

時間が少し早かったこともあり、

駐車場にクルマはとまっていませんでした。

 

 

お店は「ラッキーピエロ」といいます。

 

  http://luckypierrot.jp/

 

 

ご当地ハンバガーコンクールで

いつも一位になっている有名なお店です。

 

ハンバーガー屋さんですが、

牛丼やカレーもあります。

 

 

店舗ごとに飾りつけは異なり、

この店はエルビス・プレスリー一色でした。

 

 

 

 

実物大の人形です。

 

 

オーナーがプレスリーのファンとのことです。

 

 

ハンバーガーを

作り置きをしない方針なので、

席まで持って来てくれました。

 

 

大変おいしいハンバーガーでした。

 

 

 

函館市内に、

なんと17か所あります。

 

 

メニューの多さに圧倒されました。

私が来店したのは

夕方5時前後でしたが、

店内は満席でした。

 

 

この日はルートイン函館駅前に宿泊しました。

 

珍しい3人ベッドの部屋でした。

 

 

翌朝、

早朝の青森行きフェリーに乗り込みました。

 

 

 

フェリーはすいていました。

 

 

これでしばらく

北海道ともお別れです。

 

 

3時間40分後に

青森フェリーターミナルに到着しました。

 

 

これから日本海方面を経由し、

名古屋を目指すことになります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.17 Thursday

北海道旅行2018(35)

 

 

園内には

いろいろな施設がありました。

 

 

 

 

珍しいポップコーンの自販機がありました。

 

 

200円なので

買ってみることにしました。

 

 

小腹がすいていたこともあり、

食べた後に完成したポップコーンの

写真を撮り忘れていることに気が付きました。

 

 

ユーモラスな「アンパンマンの自販機」ですが、

販売しているものはドリンクです。

 

 

屋内には

子供が遊ぶことができるスペースがあります。

 

 

 

八雲町の温泉マップに、

行きに宿泊した「銀婚湯」がありました。

 

 

 

最後に、ポプラ並木を見てお別れです。

 

秋にもう一度訪れてみたい場所です。

 

 

この日は、高速道路を使わず

国道5号線で函館を目指しました。

 

 

大沼公園へ行ってみました。

 

 

 

 

湖は半分ほどが凍結しています

 

 

道路にクルマをとめて写真を撮っていたら

パトカーに注意されてしまいました。

 

 

函館本線の「大沼公園駅」です。

 

 

大沼公園の中心部ですが、

冬ということもあり、

ほとんど観光客がいません。

 

 

 

静かに時間が流れているようです。

 

 

この後、本日の宿泊先である函館市へ向かいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.16 Wednesday

北海道旅行2018(34)

 

 

支笏湖畔の駐車場です。

 

 

道は時計回りにしかなく、

函館方面へ行くには湖を半周回ることになります。

 

 

昨晩に新雪が降ったようです。

 

 

洞爺湖に行く途中にある
大きな物産店です。

 

 

団体を乗せたバスがとまっていました。

 

 

この駐車場で

左ドアミラーのステーカバーが

脱落していることに気が付きました。

 

 

店内には大きな石油ヒーターがありました。

 

 

 

たくさんの観光客がいました。

ほとんどの人がキノコ蕎麦を食べていました。

 

 

ここに見慣れない「コーヒー自販機」があり、

ためしに飲んでみました。

 

 

メインでない入り口は

雪で閉鎖されていましまた。

 

 

洞爺湖に到着しました。

 

 

ここにも

幻想的な景色が広がっていました。

 

 

昔、訪れたことのある昭和新山は

洞爺湖の近くなので、

行ってみることにしました。

 

 

どうやら土産物屋は

冬場ということもあり、

閉鎖されているようです。

 

 

 

 

昭和の時代に隆起してできた火山です。

 

 

 

洞爺湖に戻り、

公園へ行ってみました。

 

このモニュメントは

枕崎の立神岩に似ています。

 

 

国道37号線、5号線を走り、

函館へ向かいました。

 

 

途中にある「噴火湾パノラマパーク」

へ寄ることにしました。

 

有名な白樺並木です。

もっときれいな写真があるので、

よろしかったら見てください。

 

   http://panorama.town.yakumo.hokkaido.jp/about/point/

 

 

東海地方にはない

ジョージアの「サントスプレミアム」です。

 

飲んでみたら、

やや甘みがあると思いました。

 

 

駐車場は除雪されていました。

 

この場所は、

道央道の「八雲PA」からも

来ることができます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.14 Monday

北海道旅行2018(33)

 

「丸駒温泉」は操業して100年になる

由緒ある旅館です。

 

旅館の歴史が

ロビー横に解説してありました。

 

 

自然環境の良さと

もてなしが旅館を繁栄させました。

 

 

 

原生林の中に

源泉を見つけたところから

旅館の歴史が始まっています。

 

 

 

昔はこの場所へ来る道路が無く、

対岸から船に乗る手段しかありませんでした。

 

 

 

支笏湖は水が良く、

環境省の水質ランキングで1位になったそうです。

 

 

旅館の歴史は、

このようなパネル展示になっていました。

 

 

 

支笏湖が昭和24年に国立公園に指定されてから

大きく観光客が増えました。

 

 

エーデルワイスの花が

丸駒温泉のシンボルマークになっています。

 

 

 

旅館は2代目で

大きく発展しました。

 

 

旅館が有名なると

皇室や外国の要人が宿泊したそうです。

 

 

 

今後も地域と共に発展したいという

願いが込められています。

 

 

濁った泉質は、

温泉として最高ランクだと思います。

 

 

霧が出ると対岸が見えなくなるので、

まるで海に面しているかのようです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.11 Friday

北海道旅行2018(32)

[

 

この後、道東道を走り

本日の宿泊先、「支笏湖丸駒温泉」へ向かいました。

 

 

 

支笏湖湖畔で

シカを見かけました。

 

手の届くぐらいの距離でした。

 

 

 

よくテレビの旅番組で紹介される旅館です。

 

 

すべての部屋はレイクビューになっており、

景色は抜群でした。

 

 

 

きれいな景色を見ていると

心が癒されます。

 

 

この場所に電気は来ていないので

自家発電になっています。

 

 

飲料水は

目の前にある支笏湖の水を浄化して使っています。

 

 

 

夕食は部屋食でした。

 

 

 

 

 

話し相手がいないので、

一人で食べていると

食が進むようです。

 

 

料理は時間を見計らって

持ってきてくれました。

 

 

晴れていたのが

曇ってきました。

 

 

 

夏の冷房は無く、

部屋は暖房のみとなっているようです。

 

 

ライトはLEDになっていました。

一人ではもったいないぐらいの広い部屋でした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.10 Thursday

北海道旅行2018(31)

 

タンチョウの雛の解説です。

 

 

生まれる前の雛は

殻を割りやすいように

くちばしに角が付いています。

 

 

生後、7日から10日ほどで

倍の大きさになるようです。

 

 

一月経つと

ずいぶん大きくなります。

 

 

成長したタンチョウです。

 

 

雛にエサを与える時に使う道具です。

 

 

 

雛は最初に見たものと声で、

親と思う習性があるそうです。

 

 

 

毎日の行動は同じだそうです。

 

 

タンチョウは

飛び立つ時に助走し、

首を伸ばして飛びます。

 

 

遠くへ飛ぶときは、

らせん状に上昇し、気流に乗るようです。

 

このことは、

シベリヤから鹿児島県出水市にやってくる

ツルと同じです。

 

 

 

巣作りの解説です。

 

 

 

タンチョウは

卵を2個産むのが一般的です。

 

 

タンチョウには歯がないため、

かみ砕くのに小石を利用するそうですが、

間違えて異物を飲み込んで死んでしまう

タンチョウがいるそうです。

 

 

 

北海道も湿原が減り

タンチョウの生息地が狭くなる傾向にあります。

 

 

タンチョウにまつわる話の紹介です。

 

 

 

最後に

再び餌付けされた繁殖地を見学しました。

 

 

周囲は

雄大な北海道の景色が広がっていました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.05.07 Monday

北海道旅行2018(30)

 

 

この日の目的地、「阿寒丹頂の里」へ着きました。

 

 

 

丹頂の繁殖を行っています。

 

 

天皇陛下が皇太子時代に

詠んだ歌が碑になっていました。

 

 

 

丹頂が餌付けされている場所です。

 

 

丹頂だけでなく白鳥もたくさんいました。

 

 

世界に生息しているツルの分布図です。

 

 

世界中にいる

「ツル」の種類が解説してありました。

 

 

 

 

鹿児出水市にあるクレインパークより

たくさんの種類の解説でした。

 

 

 

 

 

 

鹿児島の出水市にやってくるツルです。

 

 

 

 

このツルも出水市に来る種類です。

 

 

最後は丹頂の解説でした。

 

 

丹頂の卵が生育する状況の解説です。

 

 

丹頂の卵は大きく、

長さは10センチほどあります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.04.28 Saturday

北海道旅行2018(29)

 

 

食事処の前に

エサをまいて野生動物が集まるように

なっています。

 

 

 

 

 

この旅館の特徴として、

夕食より朝食にあるようです。

 

とにかく、ものすごくたくさんの

おかず並んでいます。

 

 

自称「ダイエット中」なので、

朝ご飯は控えめにしました。

 

 

テンがやってきました。

 

 

小鳥もやってきました。

 

 

 

 

 

かってこれほど

たくさんの種類のおかずは

見たことがありません。

 

 

 

 

 

ナビを頼りに

釧路方面へ向かおうと思ったら

道路が閉鎖されていました。

 

 

ここは諦めて

来た道を引き返しました。

 

 

途中に牧場がありました。

 

 

 

エサをもらえると思ったらしく、

牛がこちらに寄ってきました。

 

 

 

この日は天気が良く、

北海道らしい

きれいな景色を見ることが出来ました。

 

 

JR釧網本線にある「摩周駅」です。

 

この後、阿寒町にある

「阿寒国際ツルセンター」へ向かいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.04.20 Friday

北海道旅行2018(28)

 

この日は

中標津にある

「養老牛(ようろうし)温泉だいいち」に泊まりました。

 

 

玄関先に歓迎の名前がありました。

 

 

以前泊まった時の印象が良く、

また泊まってみたいと思っていた宿です。

 

  http://www.yoroushi.jp/

 

 

ロビー裏手に

小川が流れています。

 

 

建物内には

木がたくさん使われています。

 

 

泊まった部屋です。

床が板張りになっています。

 

 

スタンダートルームの廊下です。

 

 

夕食は、

間仕切りのついた食事部屋でとります。

 

 

ここにも「ナポリン」と「ハスカップ」がありました。

 

 

 

 

カニ鍋です。

 

 

炊き込みご飯です。

 

夕食は

味が良く、十分な量がありました。

 

 

廊下に絵画が飾られています。

 

 

新館にリスニングルームがあります。

 

 

実際に音は聞いていませんが、

かなり良い音がするものと思われます。

 

 

希少なアンプが保管されています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは、後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


| 1/48PAGES | >>