PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.01.07 Monday

2018年秋 北海道旅行(最終回)

 

メルヘン街道のほぼ中間地点に

森が開けてきれいながあります。

 

 

その場所を過ぎると下りになり、

諏訪方面に向かいます。

 

 

下りの紅葉も

きれいでした。

 

 

 

 

ツインは小さいので、

クルマをとめて写真を撮るときに便利です。

 

 

 

 

 

 

蓼科高原に入ってきました。

 

おしゃれなレストランです。

 

 

 

 

紅葉がきれいです。

 

 

途中から見た諏訪方面です。

 

 

この路肩で写真を撮りました。

 

 

諏訪ICから中央道に入りました。

 

 

途中休憩した

「小黒川PA」です。

 

奥に南アルプスを見ることが出来ました。

 

 

往復クルマを使い、

下北半島の大間から函館までは

最短距離のフェリーを利用しました。

 

今回の旅のテーマは

「自然」と「湿原」です。

 

途中、温泉にも数か所泊まりました。

毎年、冬に北海道へ行っていますが、

秋の北海道も良いなと思いました。

 

小さな「ツイン」はエンジン音が大きく、

まるで原付に乗っているようです。

 

往復5212キロという距離を走りました。

ホイールベースが短いので

良く跳ねますが、それが面白さでもあります。

 

走っているという実感を感じることが出来るので、

ますます気に入りました。

 

次回の北海道は2月26日に出発します。

 

今年の2月に「ツイン」で行き

大雪で動けなくなったことがあったので、

クルマはレクサスRX450hのAWDで行く予定です。

 

 

 

 

 

 

 


2019.01.06 Sunday

2018年秋 北海道旅行(37)

 

この旅行の最後の宿は

那須塩原温泉にある「大出館」に泊まりました。

 

秘湯の宿の会員旅館です。

 

 

歓迎の名前がありました。

 

 

山の奥にある温泉です。

 

 

酸が強く

お湯が薄い緑色になっていました。

 

 

壁のタイルが剥がれ落ちています。

 

 

酸により

水道の蛇口がかなり腐食しています。

 

 

大浴場は2か所あり

露天風呂もあります。

 

 

源泉かけ流しで

本物の温泉です。


 

玄関前に「ツイン2号」をとめました。

 

 

細い山道を走り

高速道路へ向かいました。

 

 

この日、

最初に休憩をした東北道「佐野SA」です。

 

 

帰りのルートは途中で気が変わり、

北関東道を走り

上信越道から帰ることにしました。

 

2度目の休憩をした「横川SA」です。

 

 

佐久から

中部横断道を走り

国道299号線、通称「メルヘン街道」を走りました。

 

 

なぜこのルートを選んだのかといえば、

紅葉がきれいだと思ったからです。

 

 

途中に白樺の多い草原を走ります。

 

 

橋にクルマが数台とまっています。

 

どうやら

この橋の近辺が見どころのようでした。

 

 

 

きれいな紅葉が広がっていました。

 

 

遠くに佐久の街が見えました。

 

 

 

 

途中に展望台とレストハウスがあります。

 

 

佐久の街と

浅間山を見ることが出来ます。

 

 

 

 

見事な紅葉を楽しみながら

頂上へ向かいました。

 

 

この場所が「メルヘン街道」の最高地点になります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.01.05 Saturday

2018年秋 北海道旅行(36)

 

気仙沼で泊まった宿は

「はまなす海洋館」です。

 

 

大変良い宿だったので

今回も利用しました。

 

 

 

あいにく曇り空でしたが、

太平洋が見える

レストランからの景色は絶景です。

 

 

全館禁煙になっており、

テラスに喫煙所が設けられています。

 

 

夏は屋外で食事が出来ます。

 

 

 

 

 

庭はイングリッシュガーデンになっており

少し散策してみました。

 

 

 

ホテルの建物は

震災後に建て替えられています。

 

天皇陛下が泊まったことがある宿としても

知られています。

 

 

 

海岸にある公園に

ハマナスが咲きます。

 

 

 

 

このあたりは

「大谷海岸」と呼ばれています。

 

流木が流れ着いていました。

 

 

旅行も終盤になりました。

 

 

最初の休憩をした

三陸自動車道にある「春日PA」です。

 

付近に奈良時代の遺跡があります。

 

 

次の休憩は

東北道にある「那須高原SA」です。

 

 

とてもきれいなサービスエリアでした。

 

 

レトロ電車がありました。

 

 

 

公衆電話や喫煙コーナーまで

きちんとデザインされていました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.01.04 Friday

2018年秋 北海道旅行(35)

 

この日は八戸道を走り

気仙沼へ向かいました。

 

途中休憩をした「福池PA」です。

八戸道は

ほとんどクルマが走っておらず、

空いていました。

 

 

釜石道を走り

遠野から南三陸を走りました。

 

 

このあたりの紅葉もきれいでした。

 

 

 

遠野は以前、観光で

訪れたことがあるので、

今回の旅行ではカットしています。

 

 

 

 

紅葉を楽しみながら

気仙沼を目指しました。

 

 

 

 

国道107号線には

岩が露出している場所があります。

 

 

途中にある南三陸町です。

 

 

 

 

 

気仙沼は太平洋に面しているので

海のブルーがとても鮮やかです。

 

 

復興の進んでいる気仙沼です。

 

 

目的地の「喫茶マンボ」に到着です。

 

 

 

昼を過ぎた2時頃でしたが、

駐車場は満車でした。

 

 

 

どんどん建物が建ち、

街が形成されています。

 

 

 

震災の被害を受けたままの建物が

一部に残っています。

 

 

かつて建物があった場所に

広い駐車場が出来ていました。

 

 

珍しい「30プリウス」のパトカーです。

しかもPHVでした。

 

 

マンボの休憩時間に

マンボのマスターと行った喫茶店です。

 

都会を思わせるカフェです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.24 Monday

2018年秋 北海道旅行(34)

 

東北一の渓流といわれるだけのことはあり、

連続で見事な景色が続いています。

 

 

 

 

この日の最終目的地は十和田湖だったので、

陽が暮れるまでに

行かなければなりませんでした。

 

 

10か所以上

ツインをとめて写真を撮ったと思います。

 

 

きれいな景色にとどまらず、

水の音や空気が

都会とは異なっていると思います。

 

 

 

 

駐車帯がない場所は

路肩にとめての撮影となりますが、

小さな軽自動車の「ツイン」は便利です。

 

 

 

 

美しい渓流を見て癒され、

とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

川の流れがゆったり流れているところと

早いところがあり、

変化にとんでいました。

 

 

 

 

 

 

陽が落ちたころに

「十和田湖」へ着きました。

 

 

 

十和田湖には

若いグループがたくさんいました。

 

 

空気が澄んでいることもあり、

「十和田湖」の夕日は見事でした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.23 Sunday

2018年秋 北海道旅行(33)

 

 

青森の温泉で有名な「酸ヶ湯温泉」へ到着しました。

 

 

このあたりの紅葉は、

とても見事でした。

 

 

酸ヶ湯温泉の先に

大きな駐車場がありました。

 

 

きれいな紅葉です。

 

 

この場所にクルマをとめて

散策する人がたくさんいました。

 

 

 

駐車場の近くに

八甲田山の登山口があります。

 

 

鳥居をくぐると

登山道が続いています。

 

 

 

国道103号線を走ると「地獄沼」があります。

 

 

湖底から

90度ある強酸性のお湯が噴出しているので、

「地獄沼」の名前が付いたそうです。

 

 

この後、紅葉見物を楽しみながら

十和田湖へ向かいました。

 

 

 

 

数えきれないほど

きれいな場所があるので、

「ツイン2号」をとめては

写真を撮りました。

 

 

 

 

小さなツインは駐車するのに便利です。

 

また、驚くほど小回りがききます。

 

 

 

きれいな景色と同時に

小鳥のさえずりも聞こえてきました。

 

 

奥入瀬渓流に入りました。

 

 

 

 

 

 

十和田湖から流れてくる川になります。

 

 

 

 

きれいな場所は数カ所ありますが、

全体的に駐車場が少なく、

レンタサイクルで見学している人が大勢いました。

 

 

 

 

 

 

見学ポイントには

遊歩道が設けられています。

 

 

 

 

川の流れる音を聞いていると

精神が癒されるようです。

 

 

きれいな撮影ポイントには、

両脇にクルマがびっしりとまっています。

 

 

そのような場所には、

必ずと言ってよいほど

カメラを構えた人がいます。

 

 

平日でしたが、

たくさんの観光客がいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.21 Friday

2018年秋 北海道旅行(32)

 

道央道は大沼公園までになっており、

時間があったので

大沼公園を見学しました。

 

 

とてもきれいな公園です。

 

 

 

 

沼には

小さな小島が点在しています。

 

 

函館に到着しました。

 

函館の市電は

新しいデザインのものとレトロなものが

混在しています。

 

 

駅に近い

地元で有名なハンバーガー屋さんの

「ラッキーピエロ」に行ってみました。

 

 

 

函館に10店舗以上あり

とても人気のあるお店です。

 

 

店内をのぞくと満席で

待っている客がたくさんいたので、

来店を諦めました。

 

 

駅前のビジネスホテル「ルートイン」に宿泊し、

翌朝は大間行きのフェリーに乗船しました。

 

 

函館からの大間行きは

一日2便のみです。

 

 

クルマの乗船率は60%ぐらいでした。

 

 

津軽海峡のブルーは

とても鮮やかできれいです。

 

 

 

1時間半ほどで大間港へ着きます。

 

 

青森市から
八甲田へ向かいました。

 

 

途中に展望台があり、

青森市の西側を見ることが出来ます。

 

 

 

 

紅葉が進んでおり

見事な景色でした。

 

 

八甲田山は

国立公園内にあります。

 

 

奥に見える山は八甲田山です。


ダイナミックで

大変きれいな紅葉です。

 

 

 

 

 

 

酸ヶ湯温泉に向かう途中に

大きな駐車場があり、

少し散策してみました。

 

 

 

 

この場所の紅葉も見事でした。

 

 

この後、酸ヶ湯温泉経由で

奥入瀬渓谷を見学し、

十和田湖へ向かいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.20 Thursday

2018年秋 北海道旅行(31)

 

 

この日、道央道で2度目の休憩をした

「有珠山SA」です。

 

ここもきれいなサービスエリアでした。

 

 

 

 

天候に恵まれたこともあり、

きれいな景色を見ることが出来ました。

 

 

 

 

有珠山がきれいに見えました。

 

ここも牧場を思わせるような場所でした。

 

 

3度目の休憩をした

八雲町にある「八雲PA」です。

 

 

パーキングエリアは

ハイウエィオアシスになっており、

「噴火山パノラマパーク」という

多目的施設が併設されています。

 

 

屋内には

驚くほど広いキッズルームがありました。

 

 

まだ工事が行われていませんが、

北海道新幹線は2030年に

札幌まで延伸される計画になっています。

 

 

 

一般国道からの入り口道路には、

きれいなポプラ並木があります。

 

 

 

紅葉が進んでおり、

とても美しく見事でした。

 

 

 

説明を読むと

元々この場所はケンタッキー・フライド・チキン

の農場になっており、

鶏がハーブを食べるようになったそうです。

 

ハーブを食べる鶏は味が良いとのことです。

 

 

左に苫小牧方面を見ることが出来ます。

 

 

施設が充実しており、

八雲方面に出かけるならば、

ぜひともお勧めしたいパーキングエリアです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.19 Wednesday

2018年秋 北海道旅行(30)

 

この日は千歳市に近い長沼町にある

「ながぬま温泉」に泊まりました。

 

長沼コミュニティ公園にある施設です。

 

 

宿泊施設から温泉施設へ行く廊下に

ユニークなポスターが貼ってありました。

 

 

 

 

 

 

興味をそそる

大変良いポスターだと思います。

 

 

隣接している公園を散策してみました。

 

 

北海道を走っていたSLです。

 

 

簡単な屋根が付いていました。

 

 

屋外展示なので、

錆びないように何度もペイントされているようです。

 

 

沼がある公園は

きれいに整備されていました。

 

 

この後、道央道を函館方面に向かって走りました。

 

道央道の千歳近辺は中央分離帯が広く取ってあり、

木が植えられています。

 

とてもきれいな高速道路です。

 

 

道央道、「苫小牧西IC」を過ぎたところにある

「樽前SA」で休憩をしました。

 

売店はセブンイレブンになっています。

 

 

ここのサービスエリアもきれいでした。

 

 

 

木に巣箱が取り付けられていました。

 

 

 

サービスエリアに展望台があるので、

登ってみることにしました。

 

 

まるで駐車しているクルマが

ミニカーのように見えます。

 

 

天気が良かったこともあり、

きれいな樽前山を見ることが出来ました。

 

樽前山の先に支笏湖があります。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.16 Sunday

2018年秋 北海道旅行(29)

 

 

坑内は湿度が高くなっていましたが、

保存されている機械に

あまり錆びはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

大型の機械も残されています。

 

 

 

ライターなど

火気を所持していないかを調べる捜検所です。

 

誰も見学者がいなかったので、

人形がとても不気味に感じました。

 

 

 

 

この先、かなり長い距離を歩きました。

 

 

一番深い部分に

採掘している様子が

再現されていました。

 

 

 

 

今は閉山されていますが、

まさに石炭を採掘している現場です。

 

 

コンベアーも残されています。

 

 

 

トロッコも残されていました。

 

 

とても長かった坑道の出口です。

 

 

 

出口が塞がれていますが、

隣に別の坑道が残されていました。

 

昭和13年に大爆発を起こし、

161人が犠牲になったそうです。

 

 

 

石炭が露出している場所です。

 

この場所が発見されたことで

夕張炭鉱の歴史が始まりました。

 

 

 

見事に石炭が露出しています。

 

 

石炭博物館の周囲には

営業していない

朽ち果てた施設がたくさんありました。

 

 

ほとんどの建物は

立ち入り禁止になっています。

 

 

 

石炭博物館の駐車場に戻ったら、

ひっそりと「ツイン2号」が

待っていてくれました。

 

時間が少なく

あわただしい見学でしたが、

とても内容の濃いものでした。

 

いつか、

もう一度見学に訪れたい思っています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/55PAGES | >>