PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.09.08 Sunday

GT750・5型で散歩

 

古いバイクは

適度に乗らないと調子が悪くなるようです。

 

ふらっと出かけてみました。

 

 

猿投グリンロードにある

「西広瀬PA」です。

 

自宅から20キロほど走ったところにあります。

 

 

初期モデルと異なり、

5型はフロントがダブルディスクなので

ブレーキが安定しています。

 

このバイクは、

購入して10年ほどになります。

 

3万2千キロほど乗りました。

 

 

この日は東三河を走りました。

 

 

一人の時は、

のんびり走っています。

 

 

豊田市の田舎にある神社です。

 

 

ツーリング中に神社を見つけると、

休憩がてら参拝しています。

 

 

田舎に2サイクルエンジンは、

あまり似合わないような気がしますが・・・・。

 

 

足助の「松井モータース」さんに寄ってみました。

 

 

ボディが樹脂で出来ている「ポルシェ94」で4」です。

 

 

FRPのフロントフェンダーに交換されていました。

 

 

ヘッドランプはリトラではなく、

固定式になっています。

 

 

預かりの「カタナ」を見つけました。

 

 

完全オリジナルの極上車でした。

 

 

錆びは見当たりません。

 

 

国内仕様の750です。

 

 

 

アルミの腐食は無く

とてもきれいな状態です。

 

 

カタナのマフラーは

黒メッキになっています。

 

 

マニホールドもきれいです。

 

 

かつて見た「カタナ750」で

一番きれいなバイクでした。

 

 

このお店の得意分野は、

空冷ポルシェの整備です。

 

 

整備技術があるお店なので、

いろいろな旧車の修理依頼があります。

 

 

しばらく雑談をさせてもらいました。

 

 

帰りにあった木造の公民館です。

 

帰りは猿投グリーンロードを使わず、

一般道で帰りました。

 

クルマと異なり、

バイクで出かける場合、

目的地を決めず走る場合が多くあります。

 

ある意味、乗ること自体が楽しみになっており、

独特のおもしろさがあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.09.06 Friday

GTクラブ阿武隈ツーリング

 

少し前のことですが、

GTクラブのツーリングに参加しました。

 

 

自宅から集合場所まで

長距離ということもあり、

GTクラブのツーリングでしたが、

カタナ3型で参加しました。

 

集合場所は、

常磐道の「守谷SA」です。

 

 

ヤキンさんもT500で参加されていました。

 

 

久々に見る、

とてもきれいなGT550です。

 

 

オリジナル状態で

フルレストアされているようです。

 

 

GT380に比べると

エンジンが大きく、

センタープラグを外すのは面倒だと思われます。

 

メッキ部分は磨き込まれています。

 

 

マフラーの錆は見当たりません。

 

 

個人的に、

この初期タンクラインがGT550らしく、

GT550のモデルで一番好きなラインです。

 

 

フロントブレーキは、

ダブルドラム化されています。

 

 

変わった5型を見つけました。

 

 

普通の5型は

ラジエターキャップと燃料キャップの上に

大きな長方形のフタが付きますが、

このバイクにはありません。

 

 

サイドカバーはブラックの艶消しになっており、

この部分だけ見ると

海外のみで販売された6型になります。

 

 

ツーリングの楽しみといえば、

皆さんと走ることができ、

いろいろなGTを見れることです。

 

 

昼食をとった道の駅です。

 

 

 

 

いろいろなバイクがとまっていました。

 

 

慣れない土地なので

場所が定かではありませんが、

バイクを並べて記念写真を撮りました。

 

 

 

 

一番手前は

シーマさんのB1です。

 

 

メンバーと話が弾みました。

 

 

常磐道「友部SA」で解散となりました。

 

 

この後、圏央道、新東名を利用して

帰路に着きました。

 

 

最後の休憩は、

東名の「東郷PA」です。

 

ここから自宅は近いので、

無事に帰ってこれたことで

安心しました。

 

 

 

 


2019.08.23 Friday

GTクラブ北陸ツーリング(2)

 

2日目の昼食をとった

白川郷の蕎麦屋さんです。

 

 

幹線道路から一本入った店ですが、

けっこう混んでいました。

 

 

私のGTは

水温が高めでしたが、好調でした。

 

 

白川郷へ行く道の渋滞がひどく、

合掌造り集落見学は諦めました。

 

 

途中休憩した

東海北陸道「城端SA」です。

 

 

メンバーの皆さんは

大きな故障もなく、

2日目を終えることが出来ました。

 

 

金沢に泊まり、

3日目は単独で帰路に着きました。

 

北陸道を走り、

福井北JCTから九頭竜を目指しました。

 

 

景色が良い道でした。

 

 

この先に九頭竜湖があります。

 

 

 

 

 

 

国道158号線を走り、

行きに走った道を利用して帰りました。

 

 

白鳥から飛騨清見ICまで東海北陸道を利用し、

岐阜県道73号線(通称せせらぎ街道)を走りました。

 

 

途中立ち寄った

道の駅「明宝」です。

 

 

その後、国道256号線を走り、

道の駅「和良」に寄りました。

 

 

 

 

GT750に乗った3日間の旅でしたが、

振り返ると楽しい思い出ばかりです。

 

久しぶりにメンバーの方たちと会えたこと、

GTの話で盛り上がり

楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.08.22 Thursday

GTクラブ北陸ツーリング(1)

 

ゴールデンウイークに

2泊3日のGTクラブ北陸ツーリングが開催されました。

 

 

集合場所まで単独ツーリングを行おうと考え、

高速を使わず一般道を走りました。

 

途中休憩した道の駅「つくで手作り村」です。

 

好天ということで、

たくさんのライダーがいました。

 

 

集合場所は、

新城市にある道の駅「もっくる新城」です。

 

 

集合時間になると

たくさんのGTが集まりました。

 

 

見事に磨き込まれた初期モデルのエンジンです。

 

スタッドボルトは山の低い純正品になっています。

 

 

こちらのGTのスタッドボルトは

補給部品になっています。

 

 

関東、四国から参加された方がおられました。

 

 

GTを所有している方ですが、

別のバイクで参加された方もおられました。

 

 

 

香川のアッキャンさんのB4です。

 

 

バイク置き場の半分ほどが

GTクラブのバイクになっていました。

 

 

CB750で参加された方もおられました。

 

 

2枚ヘッドになっている

国内仕様のB1です。

 

 

四国から参加された

なべちゃんのB1です。

 


幹事のロックさんとシーマさんが

ガレージのある宿を確保してくれました。

 

 

屋根があるので助かります。

 

 

泊りのツーリングの楽しみは

夜の宴会です。

 

 

会長の挨拶から始まりました。

 

 

以前、B5に乗っていた

ヤキンさんはT500に乗り換えられました。

 

 

オリジナルの空気入れが付いています。

 

 

程度は抜群に良いものでした。

 

このテールレンズは、

同年代のハスラー、バンバンなどと同じものです。

 

 

翌日は、

郡上八幡方面を走りました。

 

 

 

ゴールデンウイークということで

観光客は多めです。

 

 

再建されたお城ですが、

とても美しいお城でした。

 

 

 

山の頂上にあるので、

この場所から街が一望できます。

 

 

内部は博物館になっており、

すこし見学をしました。

 

 

当時の街の様子です。

 

 

 

 

門や櫓も再建されています。

 

 

 

 

天守閣に登ると、

周囲を360度パノラマで見渡すことが出来ました。

 

 

郡上八幡は、

江戸時代から上下水道が整備されています。

 

 

 

周囲は公園になっており、
落ち着きを感じさせてくれる場所でした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.08.21 Wednesday

GT750初期モデルで西三河を走る

 

バイクのシーズンです。

 

この日は

一日中バイクに乗りました。

 

最初は猿投グリーンロードを走りました。

 

途中休憩した

「西広瀬PA」です。

 

 

自宅から

この場所まで22キロほどです。

 

 

「バイク王」のステッカーを張りました。

 

理由はたくさんもらったからです。

 

 

古いバイクは

アルミ剝き出し部分が多く、

月に一度は磨かないと曇りが出ます。

 

ある意味、良い運動になっています。

 

 

いつも走る茶臼山です。

 

 

適度にカーブがあり、

楽しめる道だと思います。

 

 

道の駅「信州新野千石平」へ寄りました。

 

 

平日だったので、

ライダーは少なめです。

 

 

この後、

もう一度、茶臼山高原道路を反対方向へ走りました。

 

 

「面の木」ある駐車場です。

 

 

 

 

加茂農道を走り、

三河湖を目指しました。

 

 

三河湖に到着です。

 

 

この日の水位は少なめでした。

 

 

周囲を点検するボートが

かなり低い位置にいます。

 

 

三河湖の奥です。

 

 

このあたりの水位も下がっていました。

 

 

無事に自宅へ到着しました。

 

この日は好調なGT750でしたが、

後日セルモーターが壊れました。

 

旧車はいつ壊れるかわからない部分があり、

ある意味、不気味さを感じます。

 

 

 

 


2019.07.24 Wednesday

九十九里浜ツーリング

 

3月末のことですが、

GTクラブの房総半島ツーリングが開催されました。

 

 

天気があまり良くなく

長距離走行になるので、

ツインディスクになっている5型の方が

信頼性が高いと考え、

5型に乗って出かけました。

 

 

関東で開催されるツーリングは、

毎回会長の訓示があります。

 

大まかなコース説明と、

「事故を起こさないよう安全運転で」といった内容です。

 

 

 

集合場所は

アクアラインの「海ほたる」です。

 

 

時間になると

関東のメンバーが集まってきました。

 

 

GTクラブ以外の

バイクもたくさんいました。

 

 

九十九里浜にある

最初の休憩場所です。

 

 

九十九里浜には

ユニークな展望台があります。

 

 

昼食を食べての解散となりました。

 

帰りは同じ道を戻って帰りました。

 

たまにお会いするGTクラブのメンバーは

よく気が付いて心優しい人が多く、

毎回皆さんに会うことが楽しみになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.07.22 Monday

ふらっとGT750・5型に乗りました

 

最近、GT750の話題が少なくなっていますが、

飽きた訳ではありません。

 

むしろ以前より愛着が増しており、

私が生きている以上、手放すことはありません。

 

 

2シーズンほど前に転倒し、

バックミラー左を交換しました。

 

 

バックミラーは数種類あるようで、
ミラー取り付け部の傾斜角度が微妙に異なっています。

 

 

私にとってGT750の魅力といえば、

スタイル、トルクのあるエンジン、独特の排気音です。

 

2サイクルエンジンなのに

低く抑えられている排気音は

独特の音質になっており、

たまらない魅力になっています。

 

 

おそらく実走だと思いますが、

購入時は約8000キロでした。

 

3万1千キロほど乗ったことになります。

 

 

当時の純正は、エンジンを磨いてから

クリアー塗装されていましたが、

私のGTは磨いただけの状態になっています。

 

この理由により

定期的に磨かないと曇りが出ます。

 

 

思い込みですが、

バイクの調子を見る場合、

同じ道を同じ速度で走るとよくわかります。

 

この日の5型は快調でした。

 

 

いつも走る「矢作ダム」です。

 

 

好みの話になりますが、

2サイクルエンジンのGT750は

50キロぐらいで流すと良い音がします。

 

適度なカーブを見つけて

走ることが好きです。

 

 

「矢作ダム」の貯水量は問題ないようです。

 

クルマと違ってバイクの場合、

あらかじめ目的地を決めずに発進することがあります。

 

移動の目的で乗るわけではなく、

バイクを乗ること自体が楽しみになっています。

 

 

 

 

 


2019.05.16 Thursday

GTクラブ新春ツーリング(2)

 

このツーリングで

とても希少な6型を見ました。

 

 

6型は国内販売されておらず、

輸出のみ販売されました。

 

 

この時期、国内はGSが発売されており、

GSと同じ部品が使われている部分があります。

 

6型は

それまでのモデルに比べると

フロントフェンダーの前後ステーが無くなり

廃止されています。

 

 

ウインカーが変更されており、

その後発売されたGSと共通のものです。

 

 

ヘッドライトケースとステーが

ブラック艶消し塗装になります。

 

 

同じように

サイドカバーも艶消しブラック塗装です。

 

 

タンクを見ると

フロントラインが異なっている

タンクラインです。

 

 

テールランプが大きくなり、

GTでウインカーランプにあるリフレクターが

テールランプ左右に付いています。

 

正月早々ということで

とても寒く、

私はクルマでの参加でした。

 

久々にお会い出来たメンバーの方々と

お話しすることが出来、

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

今年もGTクラブに対して愛着が湧いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.05.13 Monday

GTクラブ新春ツーリング(1)

 

ブログの記事内容が大幅に遅れています。

 

半年ほど遅れているので、

写真を多めに掲載し

早めに更新したいと考えています。

 

 

 

今年の初めに

第一回のGTクラブツーリングが開催されました。

 

集合場所の三浦半島「横須賀PA」です。

 

 

集合時間になると、

たくさんのGTが集まってきました。

 

 

レトロ調にカスタムされたGTです。

 

 

目的地は

三浦半島の先にある城ケ島です。

 

 

海のブルーが印象的でした。

 

 

CBやGSで来られた方もいました。

 

 

正月で寒いこともあり、

みなさん風防を付けていました。

 

 

 

皆さん、バイクの手入れが良く、

きちんと整備されているようです。

 

 

カワサキZとGT5型です。

 

 

市場に少ない3型です。

 

 

このバイクも

タンクから判断すると3型です。

 

 

マフラーがチャンバーになっている

GT380です。

 

 

GSやカワサキマッハで来られた方もいました。

 

 

 

岬の先端に神社があり、

この地に残っている

伝説を紹介しています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2017.10.19 Thursday

今年4度目の極楽峠

 

少し前のことですが、

puchansdrさんとカタナ乗りのMさんを誘い

極楽峠へ行きました。

 

 

途中休憩した

旭高原元気村です。

 

 

Mさんのカタナは

フレームまで赤で塗られた限定車です。

 

 

国道418号線を走りました。

 

 

国道沿いにある滝です。

 

 

極楽峠の頂上に着きました。

 

 

いつ見ても、

素晴らしい景色だと思います。

 

 

解放感があり、

空気も澄んでいました。

 

 

これで、

私は全てのバイクで

極楽峠へ行ったことになります。

 

 

Mさんの「カタナ1100」です。

 

 

今見ると、

オリジナルデザインのカタナは

迫力があります。

 

少し試乗させてもらいました。

 

私のカタナ750・3型より

高回転のトルクがあり、

排気量の大きい分走ります。

 

走る割に安定感のあるバイクだと思いました。

ブレーキも良く効きました。

 

 

 

 


| 1/33PAGES | >>