PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.02.16 Friday

ツインを比べる

 

「ツイン1号」と「2号」の2−ショットです。

 

 

1号は「ラグビーワールドカップ」記念ナンバーです。

 

 

2号は「東京オリンピック」記念ナンバーにしました。

 

希望番号は、

当社本店と小牧インター店の代表番号です。

 

 

2号で北海道へ行く予定なので、

ウインターブレードを装着しました。

 

 

1号と2号では

ドアミラーが異なっています。

 

1号は本体内部のミラー面を動かして

角度を調整します。

 

このミラーは「カプチーノ」と同じものです。

 

 

 

2号はミラー本体で調整するようになっています。

 

 

この当時のスズキ軽自動車の車名は

ステッカーになっており、

ボディカラーに合わせて数種類あります。

 

 

ハイブリッドは

「TWIN」ロゴの下に「HYBRID」のロゴが入り、

右下に「SUZUKI」のメーカー名が入っています。

 

 

個人的に、

2号に貼った

「ツイン」のロゴが気に入っています。

 

 

 

ガソリン車の2号は

平成17年式の最終モデルです。

 

左右のリヤクォーター部分に

プレスが入っています。

 

おそらく、

ボディの強度を

増すためだと思われます。

 

 

2台は

エアコンスイッチも異なっています。

前期タイプのハイブリッドは、

ファンスイッチとエアコンコンプレッサースイッチが

一体式です。

 

 

後期はコンプレッサースイッチが

別体なっています。

 

 

前期の初期モデルは

助手席にパワーウインドースイッチがありません。

 

 

前期の途中からと

後期はスイッチがあり、

ドアトリムに物入れが付いています。

 

 

ガソリン車である2号は

「ガソリンV」という

中間グレードなので、

助手席側のサンバイザーがありません。

 

 

 

 

「ツイン2号」は
3速オートマです。

 

オートマは

ドライブレンジの下に

2速固定モードしかありません。

 

また、メーターは

時速100キロまでがブルーになっています。

 

 

 

ハイブリッドの「ツイン1号」は

4速オートマです。

 

1速と2速の固定モードがあり、

オーバードライブを解除するスイッチが

シフトレバーに付いています。

 

メーターは、

時速100キロまでがグリーンになっています。

 

気になる燃費ですが、

どちらも大差はなく、

一般道でリッター20キロ前後、

高速道路で16キロから17キロといった感じです。

 

車重は2台で大きく異なり、

ガソリン車は600キロです。

 

ちなみにハイブリッドは720キロです。

 

このため

ガソリン車の方が

きびきび走ります。

 

しかし、4速オートマの

ハイブリッドのほうが

若干、高速の燃費は良いようです。

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.15 Thursday

ツインを楽しむ(2)

 

「ツイン」で向かった

茶臼山の頂上は晴れていました。

 

 

愛知県に一か所のみのスキー場です。

 

傾斜が緩く、

コースが一本のみということもあり、
どちらかといえば

子供向けのスキー場です。

 

 

長野県天竜村にある

立ち寄り湯「お清めの湯」につかり、

売木村経由で帰ることにしました。

 

 

平谷村に行く途中にある「平谷峠」です。

 

この場所から

雪をかぶった「南アルプス」を眺めることが出来ます。

 

私が気に入っている場所の一つです。

 

 

この日はpuchansdrさんが同行してくれました。

 

さすがに

大人二人の軽自動車での坂道はきつく、

ほとんどの坂を

オートマの2速モード固定で走りました。

 

 

帰りに

豊田市足助町にある

「氷瀑・湧水公園」へ寄りました。

 

  http://inabu-kankou.com/event401.html

 

 

 

夜はライトアップされます。

 

 

数日後、「奥矢作湖」へ行ってみました。

 

 

このあたりの雪は少ないようです。

 

 

一部の湖面が凍結していました。

 

 

国道257号線の上矢作町にある道の駅

「ラ・フォーレ福寿の里」です。

 

 

付近の山に

雪が残っていました。

 

 

この後、

国道363号線で中津川方面へ向かいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.14 Wednesday

ツインを楽しむ(1)

 

鈑金修理が終わり、

「ツイン2号」が乗れるようになりました。

 

 

「ツイン2号」はガソリン車のオートマなので、

3速になります。

 

 

元々、「ツイン」に乗って北海道へ行くという

計画を立てていたのですが、

ハイブリッド車には荷室スペースがないこともあり、

急遽ガソリン車を購入したわけです。

 

 

「ツイン」のオフ会で聞いたところによると、

ハイブリッド、ガソリン車とも

実用燃費に大差はないとのことでした。

 

 

夏にバイクでよく走る

愛知県道33号線は、

一部が雪のために閉鎖されて

迂回路になっていました。

 

 

段戸湖に着いたら

雪が激しく降ってきました。

 

 

見事に湖面が凍結しています。

 

 

案内板を見ると、

今から40年ほど前の昭和55年に

マイナス20・5℃を記録したことがあるそうです。

 

 

とにかく凍えるような寒さでした。

 

 

後日、同じ場所を走ってみました。

 

 

「ツイン2号」にサイドステッカーを張りました。

 

 

生産が13年前に打ち切られたクルマですが、

当時の用品がメーカーから出ました。

 

 

この日は天気が良く

快晴でした。

 

 

段戸湖は

地面と湖面の境目がはっきりせず、

ある意味、危険です。

 

 

 

ショールを巻いたような

衣装を着た人がいました。

 

どうやら

イメージ撮影を行っているようです。

 

 

この後、県道33号線沿いにある

「水汲み場」へ行きました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.12 Monday

ツインを眺める(6)

 

毎年恒例で開催される

GTクラブの新春ツーリングに

「ツイン1号」に乗って参加しました。

 

 

流れのはやい新東名を走ることを避けて

東名高速で向かいました。

 

途中休憩した「富士川SA」は

たいへん混んでおり、

駐車場所がありませんでした。

 

しかし、

きれいな富士山を見ることが出来ました。

 

 

集合場所に

続々とGTが集まってきました。

 

 

本来ならGT750で参加すべきなのですが、

寒さに負けてしまい、

クルマでの参加となりました。

 

 

会長もクルマでの参加でしたが、

しっかり新春の挨拶をされました。

 

 

 

途中休憩をしました。

 

 

クルマ用の駐車場があったので

助かりました。

 

 

三浦半島の先にある食堂で

「海鮮丼」を食べ、

この場所で解散となりました。

 

 

海のブルーが印象的でした。

 

 

遠くに「富士山」を見ることができました。

 

 

メンバーの中で

国内で販売されなかった「6型」に

乗っておられる方がいました。

 

 

「6型」のサイドカバーは

艶消しブラックになります。

 

 

タンクストライプが

「5型」と異なります。

 

 

「6型」は

ヘッドランプステーとヘッドランプケースが

艶消しになります。

 

ウインカーとフロントフェンダーは、

のちに販売された「GS750」と

共通になっています。

 

 

正月ということもあり、

帰りの東名高速は

御殿場まで渋滞がありました。

 

そこで八王子まで圏央道を利用し、

中央道を走りました。

 

途中休憩した「八ヶ岳PA」です。

 

 

 

その後、

「飯田山本IC」から

国道153号線を走りました。

 

国道153号線沿いにある道の駅「信州平谷」は、

きれいにライトアップされていました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2018.02.11 Sunday

ツインを眺める(5)

 

しばらくして

夜、豊田市の山を走っていた時に

「イノシシ」の飛び出しがあり

「ツイン」は哀れな姿になってしまいました。

 

 

軽自動車なので、

とても薄いバンパーです。

 

 

取引先の鈑金屋さんに

修理を依頼しました。

 

同時に錆止めを行ってもらいました。

 

 

ヘッドランプとラジエーターは

中古部品をゲットし、

フロントバンパーは新品です。


ヘッドランプは割れなかったのですが、

ステー部分が折れました。

 

修理できないことはないのですが、

中古部品が安かったこともあり、

中古部品に交換しました。

 

 

新品バンパーは

塗装がないことで、

塗装してもらいました。

 

軽自動車にはバンパー内に

衝撃を吸収するものがありません。

 

ぶつかるとダメージが大きくなります。

 

 

ぶつかった時に

凹んだフレームです。

 

 

修理期間中に

フロントのナンバーを再発行してもらいました。

 

 

これとは別に

ネットで見つけた「ツイン」ガソリン車を購入しました。

 

グレードは「ガソリンV」です。

 

外装色は、

途中で追加された「ブラック」です。

 

 

豪雪地帯で使われていたクルマということで、

錆がひどく、

修理を行いました。

 

この車も

1号車を修理した鈑金屋さんに依頼しました。

 

 

外から見えない

バンバー内部が錆で腐っていました。

 

 

触っていたら

穴が開いてしまいました。

 

この部分は

水が溜まる構造になっているようです。

 

 

普通自動車にある

バンパー内のホースメント部分が無く、

この上にバンパーが付きます。

 

 

左同様、

右も錆でひどいものでした。

 

 

フロントバンパーを外したら

フレームに穴が開いていました。

 

 

触るとボロボロになっていました。

 

 

後方にある

「ツイン」の車名ステッカーが欠けており、

新品に張り替えることにしました。

 

 

後日、様子を見に行ったら

作業がかなり進んでいました。

 

ホースメントに相当する部品は

メーカーから新品部品が出ました。

 

 

鉄板で穴を塞ぎ、

錆止め塗料が塗られています。

 

 

しっかりフロントも

修理されていました。

 

 

 

フロントにも

錆止め塗料が塗られています。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.10 Saturday

ツインを眺める(4)

 

 

ボンネットを変更している「ツイン」です。

 

 

こちらは、

この会を企画した

リーダーの「ツイン」です。

 

マーチニスモ用リヤスポになっています。

 

 

旧車に人気のある

「ワタナベ」のホイールが装着されています。


 

このクルマは

クラウン用のナンバープレートガーニッシュに

変更されています。

 

 

内装を変更しているクルマが

たくさんありました。

 

 

ほとんどの「ツイン」は、

バンパーが塗装されています。

 

 

カスタムに、

とてもお金がかかっている「ツイン」です。

 

 

左右で異なる

アルミホイールを履いています。

 

エンジンは

アルトワークス用に変更されています。

 

 

ドアキャッチ周辺が

メッキ加工されている「ツイン」です。

 

 

革巻きステアリングに変更され、

センターキャップはクラウン用です。


 

ルーフスポイラーを取り付け、

エンジンは

アルトワークス用に変更されている「ツイン」です。

 

ロールバーが入っています。

 

 

夫婦で参加された方の

エレガントな「ツイン」2台です。

 

 

見慣れないホイールに変更されています。

 

 

2台の「ツイン」は「スマイルバンパー」になっており、

展示する時に

ナンバーが格納できるようになっています。

 

 

キーレススイッチにより、

電動で格納されます。

 

 

この装置は自作だそうです。

 

 

2台の「ツイン」は

おしゃれな色に全塗装されており、

とても個性的でした。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 


2018.02.09 Friday

ツインを眺める(3)

 

 

ツインに乗るようになってから

ますます愛着度が増し、

オフ会に参加してみました。


 

見事にカスタムされた「ツイン」が集まりました。

 

 

幹部の方たちは

「おとなのチュロQ」Tシャツを着ています。

 

 

夫婦で「ツイン」に乗っておられる方です。

 

 

2台とも特注品の「スマイルバンパー」になっています。

 

このバンパーは一般にも

市販されています。

 

 

きれいにオールペンされています。

 

 

バイクのクラブと異なり

会長という方が存在しません。

 

その都度、

全国で開催されるオフ会の発起人が

会長役になるようです。

 

 

「ツイン」ユーザーに共通しているのは

車を通して「癒し」を味わっていることです。

 

「ツイン」の持つ

個性的なスタイルが気に入っているようです。

 

 

各オーナーは

チューニングに対して説明してくれました。

 

 

ストラットバーが入っています。

 

ターボエンジンに乗せ換えているクルマが

たくさんありました。

 

 

マイナー後モデルは

ドアミラー面積が広くなっていることを

教えてもらいました。

 

 

この日、集合場所は

愛知県東郷町にある

オートプラネット名古屋で

毎月第一日曜日に開催される

「car&coffee」でした。

 

 

「ツイン」ハイブリッド車は

自分のクルマだけだったこともで、

ガソリン車との違いを教えてもらいました。

 

ハイブリッド車は

エンジンとミッションの間にモーターを挟んでいる関係で

エンジンマウントが異なっています。

 

この写真はガソリン車のものですが、

ハイブリッド車は

エンジンが左に寄っています。

 

 

場所を「オートプラネット」の屋上に移動し

記念撮影を行いました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.08 Thursday

ツインを眺める(2)

 

当社小牧サービスファクトリーにて

ETCを取り付けてもらいました。

 

 

ズマホ用ホルダーを利用して

バイク用ナビを取り付けました。

 

 

ハイブリッド車は荷室部分が

駆動用バッテリーになっており、

荷物を置くことができません。

 

 

段ボールで自作のセンターコンソールを造りました。

 

後日、バニングショップを経営している

知り合いの業者に依頼し、

しっかりしたものを造る予定です。

 

 

三又ソケットに差し込んだUSBです。

 

 

発煙筒は懐中電灯に変更しました。

 

 

ハイブリッド車は

メータ色がガソリン車と異なり、

100キロまでがグリーンになっています。

ガソリン車はブルーです。

 

また、マニュアルの1速が付いています。

 

 

前オーナーが付けた

リヤカメラです。

 

 

後方画像がバックミラー中央に映るので、

とても便利な装備です。

 

 

前オーナーは

ステアリングも革巻きに変更しています。

 

 

ヘッドランプのバルブをLEDに変更しました。

これにより光が青白くなりました。

 

 

この時代のスズキ軽自動車は

エンジンルームまで塗装されています。

 

 

外装の塗装はされていますが、

修復歴は無いようです。

 

 

一応、手が入る部分は

掃除をしました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.02.05 Monday

ツインを眺める(1)

 

100%自己満足の世界ですが、

ツインの良さといえば、

やはりスタイルだと思います。

 

 

眺めているだけで癒されます。

 

 

子供がクルマの絵を描くと、

このようなスタイルになると思われます。

 

 

シンプルさを追求したような

スタイルです。

 

 

ラグビーワールドカップ記念ナンバーを申請し、

希望番号は

本社の代表番号(9990)にしました

 

 

ハイブリッド車は

車名の下に「HYBRID」のロゴが入ります。

 

ガソリン車は下側が「SUZUKI」になっています。

 

 

左右クォーターにも

「HYBRID」ロゴが入ります。

 

 

ドアミラーはドアパネルにステーがあるタイプです。

外側からビス止めになっています。

 

 

樹脂部分は色褪せしていたので、

磨きました。

 

 

発売時の内装色は

「ブルー」のみでした。

 

翌年ブラックが追加されています。

 

 

赤黒ツートンの

革調シートカバーを取り付けました。

 

 

前オーナーはスマホでナビを見ていたようです。

 

そのためのホルダーが残っており、

バイク用ナビを取り付けました。

 

 

音楽はUSBからFMに飛ばして聞いています。

 

 

このためシガレットの12ボルトソケットが不足し、

3か所増設しています。

 

このあたりの取り付けは、

当社の小牧サービス工場で作業してくれました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.09.17 Sunday

ツイン購入(2)

 

ツインはセンターメーターになっており、

右下に燃料計があります。

 

 

エアコンはマニュアル式です。

 

オーディオは

FM&AMラジオと、

今となっては珍しいカセットです。

 

音楽を入れたUSBを

FMトランスミッターで飛ばそうと考えています。

 

 

前回も書きましたが、

助手席側にパワーウインドウスイッチが

ありません。

 

この少し後に生産されたモデルは

装備しています。

 

運転席、助手席ともエアバッグは装備しています。

 

 

ステアリングコラムの上に

スマホ用ホルダーがありました。

 

これを利用し、

バイク用ナビを取り付けようと

考えています。

 

 

Bタイプなので

助手席側サンバイザーは付いています。

 

 

燃料給油口と

リヤガラスハッチを開けるオープナーです。

 

Aタイプはガラスハッチオープナーがありません。

 

 

私がハイブリット車を選んだ理由は、

ガソリン車が3ATなのに対し

ハイブリッドは4ATだからです。

 

 

運転席は

シート前後とリクライニングがついていますが、

助手席は、

シートの前後調整ができず、

リクライニングは2段階のみです。

 

 

ガソリン車は、

シート後方に荷物を入れることができますが、

ハイブリッド車は、

駆動バッテリー場所となり、

荷物スペースはありません。

 

またガソリン車にある

スペアタイヤがありません。

 

 

 

そのかわりに

運転席後方に

ジャッキとパンク修理キットが内蔵されています。

 

 

ガラスハッチを開けた状態です。

 

ダンパーは1本のみになっており、

リヤガラスの熱線がありません。

 

 

ハイブリッドバッテリーケースの上に

少しだけ荷物を積むことができます。

 

 

室内のトリムは、

半分ほどしかなく、省かれています。

 

ラグビーワールドカップ記念の

軽自動車用白ナンバーを申請中ということで、

登録に時間がかかっています。

 

希望ナンバーは9990です。

 

乗れるようになったら

レポートを書きますので、

よろしかったら読んでみてください。

 

予定として、

陸路を利用して

北は北海道知床、

南は薩摩半島の枕崎まで

ドライブに行こうと考えています。

 

 

 


| 1/2PAGES | >>