PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2018.10.08 Monday

カタナミーティング広島(3)

 

滋賀県のマキノ高原にある

メタコイア並木を見に行きました。

 

 

観光客がたくさんいました。

 

 

ほとんどは

カップルか夫婦連れです。

 

自分で言うのもなんですが、

中年の男一人で見学というのは

やや不気味だと思いました。

 

 

最近、人気の出ている観光地です。

 

 

散策しながら

写真を撮っている人がたくさんいます。「

 

 

駐車場が不足気味なぐらい、

たくさんの人が訪れていました。

 

 

駐車場出口は渋滞していました。

 

 

クルマと違い、

バイク置き場は広く確保されています。

 

 

カスタムされたハーレーがとまっていました。

 

 

この日、最後の観光は

「白髭神社」です。

 

 

琵琶湖の湖畔にある神社です。

 

 

湖に浮かんでいる鳥居があり、

最近人気の出ている観光スポットです。

 

 

水の透明度が高く、

幻想的に見えました。

 

 

マキノ高原メタコイア並木から

近い場所にあるので、

両方見学されることをお勧めします。

 

勝手ながら

秋の北海道に行ってみたくなり

25日まで会社を休みます。

 

今月末ぐらいから

ブログを再開しますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


2018.10.05 Friday

カタナミーティング広島(2)

 

翌朝はバンガローから道の駅世羅で集合し、

少しツーリングに行かれました。

 

私はクルマだったので参加しませんでした。

 

 

きれいにカスタムされた3型です。

ゴールドのフレームはシルバーに変更されています。

 


ブレーキはブレンボに変更されています。

 

 

バンガロー前に大きなザリガニを見つけました。

 

ザリガニは小学生の頃によく見ましたが、

最近は見かけなくなり数年ぶりのことでした。

 

 

もうすぐ一回りするメーターです。

これぐらい走ると、バイクは幸せだと思います。

 

 

オリジナル度が高いカタナです。

 

 

道の駅でメンバーと別れ、

帰りは中国道を利用しました。

 

途中休憩した「七塚原SA」です。

 

人の流れが山陽道中心になっていることがあり、

中国道を走るクルマは少なく、

とても空いています。

 

 

京都府綾部市で宿泊し、

帰りは琵琶湖へ向かいました。

 

舞鶴若狭道の「若狭上中IC」で下り、

国道303号線を走りました。

 

 

途中にある道の駅「若狭熊川宿」です。

 

入場料無料の「鯖街道ミュージアム」を併設しています。

 

 

この国道は

若狭湾でとれた魚を京都まで運んだ道として知られ、

昔、「鯖街道」と呼ばれていました。

 

 

 

 

「鯖街道」が詳しく紹介してありました。

 

 

京都まで運んだ鯖と

同じ重さになっている籠と羽織がありました。

 

 

これが「鯖街道」のルートです。

 

 

道の駅の裏手に

熊川宿の建物一部が残っており、

少し見学をしました。

 

 

岐阜県にある馬篭、妻籠と似ています。

 

電柱は地中埋設されています。

 

 

街道の碑は新たに造られたようです。

 

 

熊川番所がありました。

 

 

役人の人形がこちらを見ていました。

 

 

シイタケを売っている商店です。

 

 

 

江戸時代の雰囲気は残っていますが、
訪れる人は少なめでした。

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.10.04 Thursday

カタナミーティング広島(1)

 

先日、広島で「カタナ3型の会」ミーティングがありました。

 

 

地元は朝方が雨だったので

カタナに乗ることを諦め、

急遽「ツイン1号」で向かいました。

 

写真は

最初に休憩をした新名神の「茨木千堤寺PA」です。

 

開通して間がない高速道路なので、

とてもきれいでした。

 

 

2度目の休憩をした

山陽道にある「吉備SA」です。

 

連休ということで混んでいました。

 

同じ乗り物でも2輪と4輪という違いはありますが、

偶然にもカタナとツインは

燃料タンクの容量が同じで

21リットルです。

 

また、

燃費もリッター20キロぐらいで同じです。

 

 

尾道JCTから尾道道を走り、

集合場所の道の駅「世羅」へ到着しました。

 

 

既にメンバーが一人来ていました。

 

 

少し経つとメンバーが集まってきました。

 

 

オリジナル度の高い3型です。

ほとんどがノーマルになっています。

 

 

他のカタナはマフラーなどが変更されていました。

 

 

土曜日ということもあり、

道の駅は満車でした。

 

奥に私の「ツイン1号」が見えます。

 

 

ツーリングではなく

ミーティングなので、

カタナ3型を語り合うことがメインになっています。

 

 

 

世羅町にあるバンガローを2棟借りました。

これから宴会の始まりです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2018.09.27 Thursday

秋のミーティング(3)

 

会場の本栖湖で

GTクラブの「キクさん」とお会いしました。

 

 

希少なカタナ750況燭任后

 

当時は耕運機ハンドルといわれていましたが、

今となっては希少なハンドルです。

 

 

当時はなかったスクリーンが付いていますが、

その他オリジナルの状態を保っています。

 

 

数年前に手に入れたそうです。

 

 

珍しい北米仕様のカタナがありました。

 

メーターはマイルとキロの

ダブル表示になっています。

 

 

 

シートを張り替え、

きれいにカスタムされたカタナです。

 

ヘッドランプは

一つ目になっています。

 

 

リヤホイールが片持ちになっているカタナです。

 

 

ほとんどのカタナは

シートが張り替えられているようでした。

 

 

 

LEDヘッドランプのカタナが

数台ありました。

 

 

会場で知り合い

相模原まで先導してくれた「とえる」さんのカタナ250です。

 

オリジナル度が高く、

とても程度が良いバイクです。

 

慣れない道を案内してもらい助かりました。

ありがとうございました。

 

 

国道413号線、通称道志道を走り

「道の駅どうし」で休憩をしました。

 

 

200台ほどのバイクがとまっていました。

 

 

ヘリポートが臨時の

バイク駐車場になっていました。

 

 

尻尾のある動物のように仕立てた

ホンダのモトコンポです。

 

 

相模原で一泊し、

帰りは新東名を利用しました。

 

静岡ぐらいから雨になり、

事故を起こさないようスピードダウンしました。

 

クルマと違い、バイクは走る感覚が異なります。

路面からの振動や風を感じるので、

まさに走っているという実感があります。

 

これがバイクの魅力の一つかも知れません。

 


2018.09.26 Wednesday

秋のミーティング(2)

 

翌日は

本栖湖で開催された「カタナ排気量無制限ミーティング」

に参加しました。

 

右から2台目が私の3型カタナです。

 

 

この日も天候が悪く、

カタナは少なめの台数でした。

 

 

ほとんどのカタナは

カスタムされていますが、

たまにノーマルで乗っておられる方がいました。

 

 

かなりカスタマイズされた3型カタナです。

 

 

フレームとボディは再塗装されています。

 

 

ホイールやブレーキもカスタムされていました。

 

 

こちらも3型カタナのカスタムです。

 

 

昼になると

カタナの台数が増えてきました。

 

圧倒的に多いのは1100です。

 

 

ミーティングなので、

おのおのバイクの自慢話に花が咲いていました。

 

 

排気量無制限カタナミーティングは、

決められた場所で年に3回開催されます。

 

次は、来年4月に滋賀県竜王で開催されます。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.09.20 Thursday

秋のミーティング(1)

 

先日、新城市で「80’ミーティング」が開催されました。

 

 

80年代のバイクに乗っている人が

集まるミーティングです。

 

 

スズキのガンマがたくさん参加していました。

 

 

雨が降ったりやんだりの

悪い天気でしたが、

そこそこバイクは集まっていました。

 

 

400CCのバイクが多かったようです。

 

 

普段目にすることが出来ない

レアなバイクを見ることが出来ました。

 

 

思った以上に

2サイクルバイクが参加していました。

 

 

二日間にわたっての開催です。

 

一応、参加費として300円必要ですが、

記念品とステッカーがもらえます。

 

 

バイク雑誌「オートバイ」の取材も兼ねていました。

 

 

昼の1時頃に抽選会があり、

ヨシムラのキーホルダーをゲットしました。

 

 

この後、翌日開催される

「排気量無制限カタナミーティング」に参加するため

富士宮へ向かいました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.01.21 Sunday

カタナミーティング

 

本栖湖のミーティングの後に

神奈川県川崎市へ行きました。

 

たまたま北海道の友人である

Tさんが主張で川崎市に来ておられたこともあり、

夜の食事を共にしました。

 

話が弾んでしまい、

いつもより酔っぱらってしまいました。

 

 

帰りは中央道を利用しました。

 

最初に休憩をした「双葉SA」です。

 

 

飯田山本ICで下り

国道153号線を走りました。

 

いつも立ち寄る道の駅「稲武」です。

 

 

この後、「3型カタナ会」の

ミーティングが伊豆でありました。

 

 

集合場所は

伊豆半島、下田の先にある民宿です。

 

 

8名ほどの参加でした。

 

 

海に近い宿なので、

大変立派な「お造り」が出ました。

 

 

右におられる方が会長です。

 

 

初めての参加ということで

知らない人ばかりでしたが、

「カタナ」の話で盛り上がりました。

 

 

こちらは朝食です。

 

 

ベースは「カタナ」ではありませんが、

きれいにカスタマイズされています。

 

 

会長の「カタナ」です。

 

 

きれいに塗装された「カタナです。

 

 

民宿前で記念撮影を行いました。

 

 

再び場所を海岸線に変えて記念撮影です。

 

 

伊豆半島の中央部分にある食堂で解散となりました。

 

ここの名物は「わさび丼」です。

 

 

同じバイクを乗る仲間として、

とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.01.20 Saturday

2017カタナ排気量無制限ミーティング本栖湖(3)

 

ここにオリジナルに近い3型がありました。

 

 

バックミラーとホイールの色調が

カスタムされています。

 

 

時間がたつにつれて

「カタナ」の台数が増えてきました。

 

 

 

 

この日、集まった3型は、

ほとんどが集合マフラーに変更されていました。

 

 

最後に「3型の会」のメンバーで

記念写真を撮りました。

 

 

同じ型のバイクが揃うと壮観です。

 

 

ほとんどの3型は

カスタムされています。

 

 

 

「3型の会」の返金年齢は

「GTクラブ」より

15歳ほど若いようです。

 

 

この会を主催された方のバイクです。

 

 

かなりカスタムしてあります。

 

 

宇宙船のようなデザインでした。

 

 

一番目立つ「カタナ」だったと思います。

 

 

オリジナルで製作された部品は

しっかり固定されており、

走行時に無くなることはないようです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 


2018.01.19 Friday

2017カタナ排気量無制限ミーティング本栖湖(2)

 

十谷上湯温泉のベッドは

畳ベッドです。

 

 

田舎を思わせる料理でした。

 

 

たぶんイワナだと思いますが、

忘れました。

 

 

最後のデザートはシャーベットでした。

 

 

こちらは朝食です。

かなりヘルシーな内容になっています。

 

 

 

山の奥にある温泉ですが、

のんびりするには良い場所だと思います。

 

 

集合場所の本栖湖には、

すでにたくさんの「カタナ」が集まっていました。

 

 

ほとんどがイレブン(GSX1100)ですが、

3型を探してみました。

 

 

ホイールが塗装された3型です。

 

 

この2台は

カウルがホワイトに塗装されています。

 

 

ベースはカタナではありませんが、

かなりカスタムされた「カタナ」です。

 

話を聞いてみたら

愛知県から参加された方でした。

 

 

主催者さんから

3型はまとまって駐車するように要望され、

皆さんと同じように並べました。

 

手前から3台目が私の3型です。

 

 

しっかりカスタムされ、

たいへん目立つ「カタナ」です。

 

この会を主催された方のバイクです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2018.01.18 Thursday

2017カタナ排気量無制限ミーティング本栖湖(1)

 

昨年の秋のことですが、

カタナ排気量無制限ミーティングが

本栖湖で開催されました。

 

 

単独ツーリングを楽しみながら

向かいました。

 

 

地元の加茂農道を走り、

三河湖から新城へ行きました。

 

 

新城にある道の駅「つくで手作り村」で

「カタナ250」に乗っている方がおられました。

 

 

新東名のSAで四国からミーティングに

参加される方にお会いしました。

 

 

磨き込まれた「カタナ1100ファイナルエディション」です。

 

 

とても程度の良いバイクでした。

 

 

生産台数1100台のうち、

このバイクのシリアルナンバーは5番でした。

 

 

スズキのオプションにある

「カタナステッカー」です。

 

 

マフラーに錆は見当たりません。

 

 

地元の「カタナ会」に入っておられるそうです。

 

 

きれいなバイクを見ると

気持ちが良いものです。

 

 

ファイナルエディションは、

ホイールがブラックになります。

 

 

新東名の「新清水IC」で下り、

宿泊先の「十谷上湯温泉」へ向かいました。

 

 

街から離れた一軒宿です。

 

 

山の奥にあり、

ヘルシーな料理の宿です。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/3PAGES | >>