PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.06.17 Monday

2019年1回目 北海道旅行(9)

 

日本には四季があり、

のどかな里山が多く残っています。

 

全国にある里山の景色が再現されていました。

 

 

神社の前で行われる祭りです。

 

 

電車は東武鉄道になっています。

 

 

SLが走っていました。

 

 

 

山形県の山形市と鶴岡市のあいだにある集落の民家です。

三階建て構造になっています。

 

 

 

新潟県にある豪農の民家です。

俗にいう「大庄屋」の家です。

 

 

 

松島にある有名な「瑞巌寺」です。

 

 

 

鎌倉時代に建てられた「円覚寺舎利殿」です。

 

 

 

今現在、熊本地震により

本物は修復中になっている

「熊本城」です。

 

城マニアに人気がある城です。

 

 

里山の風景が
見事に再現されていました。

 

 

 

富山県にある「散居村」の民家です。

平たい大屋根が特徴です。

 

 

 

 

富山県の五箇山と岐阜県の白川郷に残っている

合掌造りの民家です。

 

電車が来るまで待ってから

写真を撮りました。

 

 

イギリスにある動物公園を模した展示です。

 

 

 

 

観覧車がありました。

 

 

神戸にある「旧トーマス邸」です。

別名「風見鶏の館」と呼ばれています。

 

 

 

 

 

江戸初期に大阪の南河内地方でみられた

豪族の民家です。

 

 

里山の奥には

茶畑が再現されていました。

 

 

愛媛県の松山地方にある民家です。

 

 

 

 

 

愛媛県松山市にある道後温泉本館です。

 

夏目漱石の「坊ちゃん」で有名です。

 

 

 

長崎で有名な「大浦天主堂」です。

 

 

長崎にある「グラバー邸」です。

 

実物がある場所には

エレベーターがついています。

 

 

 

明治9年に長野県松本市に建てられた

「開智学校」です。

 

当時を代表する和洋折衷の建築です。

 

 

 

 

私自身、この教会を知りませんでした。

長崎の五島列島にある「堂崎天主堂」です。

 

 

 

 

 

北海道札幌にある「札幌時計台」です。

明治初期に建てられた札幌農学校の施設です。

 

実物を見たことがありますが、

現在は周囲をビルに囲まれています。

 

 

明治21年に建てられた「旧北海道庁舎」です。

この建物は札幌の大通公園にあります。

 

 

 

 

沖縄にある「守礼の門」です。

 

 

祭りを再現していました。

 

 

出口付近から「東京スカイツリー」が見えました。

 

「東部ワールドスクエア」は開園してから

26年ほど経過した古い施設ですが、

見ごたえがありました。

 

入園料は安くありませんが、

見に行く価値は十分あると思います。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.06.16 Sunday

ホンダCR−VハイブリッドEXマスターピース4WD(2)

 

CR-Vのグレードは少なく

EXとEXマスターピースの

ふたつしかありません。

 

上級グレードのマスターピースは、

本革シートが標準装備になります。

 

 

ほぼホンダ車共通のドアスイッチは使いやすく、

2名分のシートメモリーがついています。

 

 

ドアトリムには、

ペットボトルが収納できます。

 

 

自然に手が届くインパネ右下に

スイッチ類まとめられており、

標準装備のETCは進化した2・0になっています。

 

 

最近のレクサス車などには

燃料オープナーがありませんが、

CR−Vは運転席足元にあります。

 

車格の問題だと思われますが、

アルミペダルではありません。

 

 

これはありがたいと思ったのは、

電動ランバーサポートが

上下に調整できる機能があることです。

 

私が現在乗っているレクサスRXに

この機能はありません。

 

 

シートのスポンジが硬めになっており、

まるで欧州車のようです。

 

長距離ドライブで疲れないものと思われます。

 

 

センターコンソールは、

中ブタの上にスマホが置けるようになっています。

 

USBのジャックがあります。

 

 

滑り止めの模様がついています。

 

 

レジェンドやアコードのように、

オートマのセレクトはボタンで操作します。

 

バッテリーのみで走らせる

EV機能もあります。

 

 

マスターピースは

パノラマルーフを装備しており、

 

前部は開閉できます。

 

 

左ドアミラー下に

車体の下側を映す機能があります。

 

そのため、

ドアミラーの下側視界が狭くなっています。

 

 

ドアミラー自体は大きめなので、

後方視界は良好です。

 

 

 

スピード-メーターはデジタルです。

タコメーターの代わりに、

エコメーターになっています。

 

 

左がハイブリッドバッテリーの残量です。

 

 

右は燃料計になります。

 

 

他メーカー同様、オートドライブスイッチは

ステリング右にあります。

 

 

オーディオとハンズフリーは

左です。

 

 

インパネ中央の突き出た部分に

エアコン操作スイッチがまとめられており、

温度ダイヤルの下にシートヒータースイッチがあります。

 

車格もあると思いますが、

クール機能はありません。

 

 

 

助手席側のインパネに、

まるで本物のような

木目が入っています。

 

 

後席ドアトリムです。

後席にもペットボトルが収納できます。

 

 

エアコン吹き出しは

後席にもあります。

 

USBスロットルが

2か所ついているので便利です。

 

 

後席から見ると、

インパネの左右が下がっているので、

解放感を感じます。

 

 

後席にも

LEDルームランプがあります。

 

 

厚みがあり、
高級感を感じるヘッドレストです。

 

 

ハイブリッド車には、

バッテリーを冷却する空気取り入れ口があります。

 

 

撮影場所は、

いつも行く日進市総合運動公園です。

 

 

緑が多く、新緑がきれいな場所です。

 

 

やや怒っているような顔つきに見えます。

 

 

試乗した感想として、

静かな走りに驚きました。

 

ハイブリッド車は

各メーカーから発売されていますが、

ホンダハイブリッドは

トヨタや日産などとは異なり、

独自の技術になっています。

 

100キロまでの走りは

モーターが動力となり、

たまにエンジンがかかりますが、

それは発電に使うものです。

 

トヨタハイブリッドのような

エンジンがかかった時のショックがありません。

 

100キロ以上の速度は出していませんが、

アコードと同じシステムなので、

ハイブリッドシステムがカットされ

エンジンの動力が直結されます。

 

静かなエンジンとロードノイズの少ないタイヤのお蔭で、

静かな走りを楽しむことが出来ると思います。

 

ホンダらしく

ステアリングの応答性が鋭く、

きびきび走ってくれることもあり、

このクルマが気に入りました。

 

 

 

 

 


2019.06.15 Saturday

ホンダCR−VハイブリッドEXマスターピース4WD(1)

 

以前から興味があったCR−Vに乗ってみました。

 

 

昔のモデルと比べると、

ずいぶん大きくなったと思います。

 

 

ボディ下の

メッキモール位置が上げられていることで、

腰高感がありません。

 

 

後方から見ると

ボルボのような輸入車に見えます。

 

 

個人的には、

まあまあのデザインだと思います。

 

 

ヘッドランプは

同じホンダのアコードに似ています。

 

 

フォグランプもLEDになっています。

 

 

タイヤはブリジストン製でした。

 

手の込んだデザインのアルミです。

 

 

タイヤサイズは235/60/18インチとなり

一般的なサイズです。

 

このタイヤは静粛性に優れており、

ロードノイズが抑えられています。

 

 

ドア下部のプレテクター部分に

メッキモールがはめ込まれています。

 

 

ウインカー付きドアミラーです。

 

フロントフェンダーに付く

ホンダ車のハイブリッドエンブレムは

控えめで小さくなっています。

 

 

最近のクルマは

テールランプもラインLEDになっています。

 

 

最近はどのメーカーも

4WD車はAWDと呼ぶことが一般的です。

 

AWDエンブレムが無いクルマも多いですが、

CR−Vには付いています。

 

 

マフラーの吹き出しは一本出しです。

 

目立たないよう、右下に下げられています。

 

 

車格の問題もあると思われますが、

ボンネットはスチール製です。

 

ダンパーによる固定方法ではなく、

ついたて棒になっています。

 

 

最近はどのメーカーも

フェンダーを固定するボルトが見えないように

配慮されています。

 

 

ハイブリッド車に7人乗りはありません。

 

荷室は思ったより広く感じました。

 

 

荷室横に

12ボルト電源があります。

 

これは便利な装備だと思います。

 

 

スペアータイヤはなく、

パンク修理キットを積んでいます。

 

 

マスターピースは

電動パワーゲートを装備しています。

 

 

後席は荷室からワンタッチで倒すことが出来ます。

 

 

6対4ぐらいの比率で倒せます。

 

 

荷室と完全なフラットではありませんが、

荷物を積むときに便利です。

 

 

後席シートの背もたれは、

若干ですが、角度が調整できます。

 

 

インテリアは直線基調でデザインされています。

特に木目のの質感は見事だと思います。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.06.14 Friday

2019年1回目 北海道旅行(8)

 

このあたりから

東アジアの地域になります。

 

 

 

天安門広場の奥にある「故宮」です。

 

 

石畳も再現されています。

 

 

 

私は知りませんでした、

北京にある「天壇」という名の

祭りを行う施設だそうです。

 

 

 

 

中国の敦煌にある莫高窟です。

 

 

修復をしている方がおられました。

 

 

4世紀ごろから

1000年ほどかけて彫られた石仏がある

有名な場所です。

 

世界文化遺産に認定されています。

 

 

この施設も世界文化遺産に登録されています。

 

 

石で造られた巨大な大仏がありました。

 

 

 

 

紀元前3世紀ごろに造られた

「万里の長城」です。

 

 

 

石垣も再現されていました。

 

 

 

台湾の高雄にある「竜虎塔」です。

 

私は台湾を訪れたことがありませんが、

台湾を代表する建物だそうです。

 

 

韓国のソウルにある「景福宮」といわれる宮殿です。

 

 

 

 

韓国に行った時に

見たことがある「南大門」です。

 

一度火事で焼失し再建されています。

 

 

 

 

台湾の台北市にある高層ビル「台北101」です。

 

高さ508メートルあり、101階あります。

 

 

最後のエリアは日本建築です。

 

 

「唐招提寺」がありました。

 

 

680年に建立された「薬師寺」です。

 

 

3重の塔があり、

均整が取れている寺だと思います。

 

 

 

滋賀県にある石山寺の多宝塔です。

 

 

 

 

日本最古の木造建築といわれる

「法隆寺」です。

 

 

細かい部分も再現されていました。

 

 

 

 

二条城の二の丸御殿です。

 

周囲の樹木とバランスが取れていると思います。

 

 

 

鹿苑寺は通称「金閣寺」と呼ばれています。

 

京都に現在あるものは焼失後に再建されたものです。

 

 

 

銀閣寺もありました。

 

 

10円玉でなじみの深い、

京都の宇治にある「平等院鳳凰堂」です。

 

 

 

 

 

 

明治以前の天皇が住んでいた「京都御所」です。

 

 

日本庭園の最高傑作と言われる「桂離宮」です。

 

 

 

 

庭園も見事に再現されています。

 

 

崖に建てられている「清水寺」です。

 

 

清水の舞台と言われる場所は

崖の南側になります。

 

 

東大寺の大仏殿です。

 

 

南大門も再現されています。

 

 

アップでみると、

細部まで細かく再現されています。

 

 

 

広島にある「厳島神社」です。

 

 

通称「白鷺城」といわれる「姫路城」です。

 

 

細かい石垣も再現されていました。

 

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.06.13 Thursday

2019年1回目 北海道旅行(7)

 

ミニチュア建築物の展示は

地域ごとに分かれており、

ヨ−ロッパからアジア、

最後は日本になります。

 

 

 

 

4万5千人収容できたといわれる

イタリアのコロッセオです。

 

 

内部まで精巧に作られています。

 

紀元前1世紀ごろの建築です。

 

 

 

ロシアの有名な建築物です。

 

 

 

園内はとても広く、

右奥に「東京スカイツリー」、左奥に「エッフェル塔」

が見えます。

 

 

 

 

 

 

このあたりはオランダの建物です。

 

 

 

「サンピエトロ大聖堂」には

ものすごい数の人物がいました。

 

 

 

 

 

建築中から傾き始めたと言われる

「ピサの斜塔」です。

 

 

 

 

 

このあたりはイタリアの建築物になります。

 

自分自身ヨーロッパを訪れたことが無いので、

あまりなじみがありません。

 

 

 

 

フランスの城です。

内部の二重螺旋階段は

レオナルド・ダヴィンチの設計だそうです。

 

 

 

 

17世紀に造られた

フランスの「ヴェルサイユ宮殿」です。

 

 

 

少し前に火事が起きた

「ノートルダム寺院」です。

 

 

 

 

 

ここからはスペインにある有名建築物です。

 

 

 

 

 

屋外にあるミニチュアは

絶えず修復を行っているようです。

 

 

 

ここからはスペインにある有名建築物になります。

 

 

 

ガウディが設計した「サクラダファミリア」です。

 

バルセロナにある実物は、

もう少し建築が進んでいます。

 

 

 

 

 

 

フランスのパリといえば

やはり「凱旋門」と「エッフェル塔」です。

 

 

 

18世紀に造られたドイツにある城です。

ディズニーのシンデレラ城のモデルになったと

言われているものだそうです。

 

建築に17年かかりました。

 

 

 

イギリスの建築物に入りました。

 

 

 

 

 

 

 

英国国会議事堂である、通称「ビッグベン」です。

 

 

 

ここからアジアに入りました。

 

 

 

 

 

インドの有名な建築物「タージ・マハル」です。

 

 

 

16世紀に建てられた

イランで最高建築といわれるモスクです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/325PAGES | >>