PROFILE

株式会社フリード
取締役会長 鈴木孝昌

私は22歳からクルマ業界に携わり、28歳までトヨタディラーでセールスをしていました。

その後10年間は中古車専業店に勤め、ここで企画・仕入れ・販売・経理を始めとした実務を学び38歳で独立しました。世間から見ればやや遅い船出だと思います。

その後、さまざまな車種を販売し、インターネットの普及と共にネットを活用した販売戦略で全国販売が可能となりました。

これからもお客様の期待に応えるべく、厳しい品質基準のもと、高年式・高品質のクルマを販売していきます。

FREED 採用情報

STAFF BLOG

株式会社フリード公式(Freed Inc.)Facebookページ

2019.02.20 Wednesday

2018年冬 九州旅行(8)

 

1934年製のロールスロイスです。

 

 

ボンネットがはずれた状態で展示されていました。

 

 

ロールスロイス伝統のマスコットです。

 

 

 

 

ニッサンの前身(ダットサン)の

バイクとクルマです。

 

 

ノンレストアの状態で展示されていました。

 

 

 

ダットサンにバイクがあったことは

知りませんでした。

 

 

等身大の「マリリンモンロー」です。

 

 

ゴジラ第一作と第二作のポスターです。

 

 

 

イギリス製の

「ロイヤルエンフィールド」です。

 

 

 

 

イギリス製のバイクコーナーです。

 

 

 

 

いろいろなイギリス製バイクがありましたが、

知らないメーカーものばかりでした。

 

 

 

博物館のオーナーが

ハーレーにはまっていた時代のサイドカーです。

 

製作に1000万円以上かけたそうです。

 

 

 

ドカティの生産1号車です。

 

 

ドカティのコーナーです。

 

 

こちらは中国製のバイクコーナーです。

 

 

 

 

「長江」という名のサイドカーです。

 

 

 

 

スイス製のバイクもありました。

 

 

 

初期の「ハーレーダビッドソン」です。

 

この時代のバイクは

自転車に近い形をしています。

 

 

途中に「コカ・コーラ」のコーナーがありました。

 

 

 

アメリカでハーレーと人気を二分していた

「インディアン」のバイクです。

 

 

 

 

「インディアン」のバイクは

前後フェンダーが深くなっているのが特徴です。

 

 

 

 

 

博物館のオーナーが所有していた

BMWです。

 

 

 

戦前に生産された

初期のBMWバイクです。

 

 

 

世界一周したホンダのバイクです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 


2019.02.17 Sunday

2018年冬 九州旅行(7)

 

映画俳優の高倉健さんが

亡くなられた時の新聞です。

 

下段は

その日、全国から集められた

高倉健さんの記事が載っている新聞です。

 

 

博物館のオーナーは

高倉健さんのファンだったようです。

 

 

 

主演した映画のポスターが

たくさんありました。

 

 

こちらは「鉄道員(ぽっぽや)」のポスターです。

 

 

 

 

2階の踊り場に

筑紫哲也さんの椅子がありました。

 

 

「岩下コレクション」は

ビンテージバイクの収集で有名です。

 

 

2階がバイクのコーナーになっています。

 

 

レアなバイクが多く、

知識のない自分は

あまり理解できませんでした。

 

 

 

外国のバイクです。

 

 

ホンダが4輪に進出した時に

売り出した軽トラックです。

 

 

ホンダバイクの1号車です。

 

 

 

 

生産2号車と3号車もありました。

 

 

S600かS800だと思います。

 

 

エルシノアやCB50などです。

 

 

6気筒エンジンのCBX1000もありました。

 

 

 

上段がモンキー、

下段はSLなどのオフロードバイクです。

 

 

 

今も人気が高い

CB750のK0です。

 

オーナーが若い頃に乗っていたバイクです。

 

 

 

ホンダのバイクが多かったのですが、

他メーカーのバイクもあります。

 

 

 

2サイクル2気筒エンジンの

「スズキT500」です。

 

 

 

今も人気の高い

「カワサキマッハ500」の初期モデルです。

 

 

ヤマハのバイクです。

 

 

いまだに根強い人気があるW1です。

 

 

 

クラシックカーも数台展示されていました。

 

 

 

この時代のクルマは

ホイールが木製です。

 

 

 

戦後間もない時代のベンツです。

 

 

バイクコーナーは

2段に分かれて展示されていました。

 

 

 

バイクの創成期は、

国内だけで100社以上のメーカーがあったようです。

 

 

 

今は無きメーカーのバイクがたくさんありました。

 

 

 

 

欧州車ぽいデザインのバイクです。

 

 

ビンテージバイクの知識が足りず、

見たことがないバイクがたくさんありましたが、
十分楽しむことが出来ました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございました。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.02.16 Saturday

2018年冬 九州旅行(6)

 

昭和30年代に人気のあった「鉄腕アトム」のグッズです。

 

 

 

 

こちらは同じ時期に人気があった「鉄人28号」です。

 

 

よくぞ、

ここまで集めたものだ感心しました。

 

 

 

戦後のキャラメル包装箱です。

 

 

 

ガラスとホーローで作られた製品です。

 

 

 

女の子に人気があった「リカちゃん人形」です。

 

 

ドロップの入れ物です。

 

 

 

日本の市松人形です。

ここまでたくさんあると不気味に感じました。

 

 

 

1964年に開催された東京オリンピックのグッズです。

 

説明を読むと、

博物館のオーナーは

私より6歳年上ということになります。

 

 

昆虫のおもちゃです。

 

 

 

昭和30年代、

材質がプラスチックになる前は

ブリキのおもちゃが一般的でした。

 

 

 

ブリキで作られた飛行機です。

 

 

こちらは電車です。

 

 

 

大正ガラスの展示です。

 

 

時々、テーマに関係ないものが

展示されています。

 

 

2階の階段から

一階のホールを見たところです。

 

 

「岩下コレクション」が

雑誌などに載った記事の紹介です。

 

 

三井炭鉱の迎賓館和室にあったものです。

 

 

 

こちらは

「第2次世界大戦」のグッズです。

 

 

軍の制服が展示されていました。

 

 

鉄が少ない時代に使われた

陶器製のアイロンなどが展示されていました。

 

 

大型グライダーの設計図です。

 

 

博物館のオーナーは

俳優の高倉健さんとも交流があったようです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.02.15 Friday

2018年冬 九州旅行(5)

 

博物館のオーナーが

王貞治さんからもらった手紙です。

 

 

色紙には「気力」と書かれています。

 

 

王さんが来館した時の記念写真です。

 

お土産は写真の下にある

「GODIVA」のチョコレートです。

 

 

記念ボールなども展示されていました。

 

 

小学校の机や椅子です。

 

 

昔の文具店です。

 

 

公衆電話などもありました。

 

 

 

 

「フェラーリ・テスタロッサ」がありました。

 

 

「フェラーリ」の模型です。

 

 

 

力道山がアメリカで

賞品としてもらったキャデラックです。

 

 

ずいぶん錆が進んでいました。

 

 

昔あった

ボトルの自販機です。

 

 

「セイバー」の胴体のみが飾ってありました。

 

 

古き時代の

アメリカの大スター、

「プレスリー」と「モンロー」の人形です。

 

 

アメリカで使われていた映画撮影用カメラです。

 

 

もう一台

黄色のキャデラックがありました。

 

 

アメリカで人気のあった

「スーパーマン」と「バットマン」の等身大人形です

 

 

アメリカで使われていたラジオです。

 

 

昔あったセルロイド人形です。

 

 

企業グッズとロボットの人形です。

 

とにかくものすごい数が

所狭しと並んでいました。

 

 

「鉄人28号」です。

 

 

企業グッズとキャラクター人形です。

 

こうしてみると、

ずいぶん前から「アンパンマン」と「ドラえもん」は

人気があったことが分かります。

 

 

昭和の時代の「宝石・ライター」です。

 

 

レコードプレーヤーが

蓄音器を呼ばれていた時代の針です。

 

 

 

 

昭和の時代に起きた

出来事を特集した雑誌がありました。

 

 

戦後に流行った少女雑誌です。

 

 

昭和30年代に人気があった

不二家のキャラクター

「ペコちゃん」のグッズです。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.02.14 Thursday

2018年冬 九州旅行(4)

 

大分県の由布院に

「岩下コレクション」という

私設博物館があります。

 

以前から行きたいと思っていた場所です。

 

 

丘の中腹に位置しています。

 

 

博物館の入り口です。

 

 

 

 

 

屋外展示しているものは

どれも貴重なものばかりです。

 

 

 

 

展示品のジャンルは

オールマイティーになっており、

どれも見ごたえのあるものばかりです。

 

 

 

 

橋の基礎部分です。

 

 

シャコガイや

自由の女神レプリカなどです。

 

 

見る人によっては

ガラクタに見えるかもしれません。

 

 

スズキの「ガンマ400」です。

 

 

外の車庫に

昔の「セドリック」が置いてありました。

 

 

 

入り口に置いてあった

メグロの白バイです。

 

 

昭和時代のLPレコードを

販売していました。

 

 

ヨーロッパから

輸入したステンドグラスです。

 

 

江戸時代の人形や日用品です。

 

 

 

所狭しと並べられていました。

 

 

昭和時代の

商店が再現されていました。

 

 

 

駄菓子屋です。

 

 

 

 

本物の監獄扉です。

 

 

こちらはタバコ屋です。

 

 

 

 

紙芝居と貸本屋です。

 

 

アイスキャンディーを作る

器械がありました。

 

 

昭和の映画ポスターです。

 

 

 

 

 

昭和の電気店で販売されていた

ブラウン管テレビやテープレコーダーなどです。

 

 

戦後のパチンコ台です。

 

 

 

ビートルズのコーナーがありました。

 

 

 

昔の医院を再現したものです。

往診用バイクがありました。

 

今はないメーカーのバイクだと思います。

 

 

NHKで使われていた

撮影用カメラです。

 

 

 

 

 

 

戦前の町工場と、

そこで生産されていた製品です。

 

 

薬局がありました。

 

 

元プロ野球ジャイアンツ

王貞治さんのコーナーです。

 

 

 

 

本人直筆のサインがありました。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/316PAGES | >>